Search Images Maps Play YouTube News Gmail Drive More »
Sign in
Screen reader users: click this link for accessible mode. Accessible mode has the same essential features but works better with your reader.

Patents

  1. Advanced Patent Search
Publication numberWO2017017810 A1
Publication typeApplication
Application numberPCT/JP2015/071499
Publication date2 Feb 2017
Filing date29 Jul 2015
Priority date29 Jul 2015
Publication numberPCT/2015/71499, PCT/JP/15/071499, PCT/JP/15/71499, PCT/JP/2015/071499, PCT/JP/2015/71499, PCT/JP15/071499, PCT/JP15/71499, PCT/JP15071499, PCT/JP1571499, PCT/JP2015/071499, PCT/JP2015/71499, PCT/JP2015071499, PCT/JP201571499, WO 2017/017810 A1, WO 2017017810 A1, WO 2017017810A1, WO-A1-2017017810, WO2017/017810A1, WO2017017810 A1, WO2017017810A1
Inventors知美 阪井
Applicant花王株式会社
Export CitationBiBTeX, EndNote, RefMan
External Links: Patentscope, Espacenet
Method for killing spores
WO 2017017810 A1
Abstract
A method for killing spores according to the present invention comprises carrying out step 1, step 2 and step 3. Specifically, step 1 comprises bringing a spore-forming bacterium into contact with dipicolinic acid or a salt thereof, step 2 comprises bringing the spore-forming bacterium into contact with a cationic surfactant, and step 3 comprises warming the spore-forming bacterium to 50ēC or higher. There may be a period during which step 1, step 2 and step 3 are carried out simultaneously.
Claims(12)  translated from Japanese
  1. 下記の工程1、工程2、および工程3を含む殺芽方法: The following step 1, step 2, and the quit method comprising the step 3:
    工程1:芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておく工程; Step 1: a step of previously contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof;
    工程2:芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておく工程;および 工程3:芽胞形成菌を50℃以上に加温する工程(但し、工程1及び工程2を開始後に工程3を終了するものとする)。 Step 2: Step left in contact with the spore-forming bacteria and a cationic surfactant; and Step 3: the step of heating the spore-forming bacteria above 50 ° C. (provided that terminates the process 3 after starting the steps 1 and 2 It shall be).
  2. 前記工程1、工程2、および工程3を同時に行う期間を有する、請求項1記載の殺芽方法。 The step 1, step 2, and step has a duration which simultaneously 3, stop process of claim 1 wherein.
  3. 前記カチオン界面活性剤が、第4級アンモニウム塩である、請求項1または2記載の殺芽方法。 The cationic surfactant is a quaternary ammonium salt, according to claim 1 or 2 stop method according.
  4. 前記カチオン界面活性剤が、一般式(1)で表される第4級アンモニウム塩である、請求項3記載の殺芽方法。 The cationic surfactant is a quaternary ammonium salt represented by the general formula (1), according to claim 3 stop method according.
    Figure JPOXMLDOC01-appb-C000001

    〔式中、R 11 ~R 14のいずれか1つが、水酸基、エステル基、アミド基を有していても良い炭素数3以上の炭化水素基であり、R 11 ~R 14の残りの3つはメチル基又はエチル基を示し、X は無機または有機のアニオン性化合物を示す。 Wherein any one of R 11 ~ R 14, a hydroxyl group, an ester group, an amide group hydrocarbon group having 3 or more which may carbons have, remaining three of R 11 ~ R 14 represents a methyl or ethyl group, X - represents an inorganic or organic anionic compounds. ]
  5. 前記第4級アンモニウム塩が、アルキルトリメチルアンモニウム塩、ジアルキルジメチルアンモニウム塩及びベンザルコニウム塩からなる群より選択される少なくとも1種である、請求項3記載の殺芽方法。 The quaternary ammonium salt, alkyl trimethyl ammonium salt is at least one selected from the group consisting of dialkyl dimethyl ammonium salts and benzalkonium salts, according to claim 3 stop method according.
  6. 前記工程1および工程2において、芽胞形成菌、ジピコリン酸又はその塩、およびカチオン界面活性剤を液中で接触させておく、請求項1~5のいずれか1項記載の殺芽方法。 In the step 1 and step 2, spore-forming bacteria, placed in contact dipicolinic acid or a salt thereof, and a cationic surfactant in a liquid, stop method according to any one of claims 1-5.
  7. 液中のジピコリン酸又はその塩の含有量が0.05mM以上200mM以下である、請求項6記載の殺芽方法。 The content of the dipicolinic acid or a salt thereof in the solution is 200mM or less than 0.05 mM, quit method of claim 6.
  8. 液中のカチオン界面活性剤の含有量が0.1mM以上1000mM以下である、請求項6または7記載の殺芽方法。 The content of the cationic surfactant in the solution is less than or equal to 1000mM than 0.1 mM, claim 6 or claim 7 stop method according.
  9. 前記工程3において芽胞形成菌を50℃以上に加温する時間が、3分以上90分以下である、請求項1~8のいずれか1項記載の殺芽方法。 The time to heat the spore-forming bacteria than 50 ° C. In Step 3, is 90 minutes or less than 3 minutes, stop the method of any one of claims 1-8.
  10. ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含有する、殺芽助剤組成物。 Dipicolinic acid or a salt thereof and a cationic surfactant, Yamesuke agent composition.
  11. ジピコリン酸又はその塩を0.05mM以上200mM以下含有する液体組成物である、請求項10記載の殺芽助剤組成物。 Dipicolinic an acid or a liquid composition containing 0.05mM or more 200mM less salt thereof, according to claim 10 stop aid composition according.
  12. カチオン界面活性剤を0.1mM以上1000mM以下含有する液体組成物である、請求項10または11記載の殺芽助剤組成物。 The cationic surfactant which is a liquid composition containing 0.1mM or more 1000mM or less, according to claim 10 or 11 stop aid composition according.
Description  translated from Japanese
殺芽方法 Quit method

本発明は、芽胞形成菌の殺芽方法に関する。 The present invention relates to quit method of spore-forming bacteria.

バチルス属やクロストリジウム属などの芽胞形成菌は、強固な殻構造を作り、熱や薬剤などに極めて高い抵抗力を有する芽胞を形成する。 Spore-forming bacteria such as Bacillus and Clostridium is to create a strong shell structure, to form a spore having an extremely high resistance, such as to heat and drug. ある種の芽胞形成菌は人体に侵入すると毒素を産生することが知られている。 Certain spore-forming bacteria are known to produce toxins and enters the human body. 例えば、医療現場では、シーツや枕カバーなどのリネン製品は主に加熱消毒されるが、加熱消毒では耐熱性である芽胞形成菌を殺菌できない。 For example, in the medical field, but the linen items such as sheets and pillowcases are mainly heated disinfected, can not be sterilized spore-forming bacterium is a heat resistance in heating disinfection. そのため、リネン製品を介した芽胞形成菌の院内感染で死者まで出る被害も発生している。 For this reason, also it has occurred damage out to the dead in a hospital-acquired infection of spore-forming bacteria through the linen products.

芽胞形成菌を殺菌するためには、多くの場合、高圧蒸気で滅菌したり、次亜塩素酸Naなどの強力な化学的殺菌剤が高濃度で用いられたりする。 In order to sterilize the spore-forming bacteria, often or sterilized with high pressure steam, strong chemical germicide such as hypochlorous acid Na is or are used in high concentrations. また、食品加工においては、芽胞対策として過酷な熱処理、もしくは低温流通方法がとられている。 In addition, in the food processing, harsh heat treatment as spore countermeasures, or low-temperature distribution methods have been taken.

US2014/0308162号公報には、衣料用洗剤に用いられる消毒およびリンス組成物が開示されている。 The US2014 / 0308162 discloses, disinfection and rinsing composition used in laundry detergent has been disclosed. また、US2014/0238445号公報には、ホスフィノこはく酸を含む組成物を用いた洗浄工程と過カルボン酸を含む組成物を用いた消毒およびリンス工程を含む、洗浄、消毒およびリンスの方法が開示されている。 Further, Japanese Patent Publication No. US2014 / 0238445, phosphino comprises a composition for disinfecting and rinsing processes using, including a washing step and a peroxycarboxylic acid with a composition comprising succinic acid, washed, the method of disinfecting and rinsing is disclosed ing. さらにWO2013/079308号公報には、芽胞を含む菌を殺菌することについて開示されている。 More WO2013 / 079308 discloses, discloses a can for sterilizing bacteria including spores. US2004/0058878号公報は発芽剤と4級アンモニウム塩を組み合わせることによって殺芽効果を向上することについて開示されている。 US2004 / 0058878 discloses is disclosed about improving a stop effect by combining germination agent and a quaternary ammonium salt.

本発明は、下記の工程1、工程2、および工程3を行う殺芽方法に関する。 The present invention, the step 1 below, step 2, and quit how to do on the step 3.
工程1:芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておく工程; Step 1: a step of previously contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof;
工程2:芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておく工程;および 工程3:芽胞形成菌を50℃以上に加温する工程。 Step 2: Step left in contact with the spore-forming bacteria and a cationic surfactant; and Step 3: a step of heating to more than 50 ° C. The spore-forming bacteria.
(但し、工程1及び工程2を開始後に工程3を終了するものとする)。 (However, it is assumed that the end of the step 3 after the start of the steps 1 and 2).

本発明は、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含有する、殺芽助剤組成物に関する。 The present invention contains dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, relates Yamesuke composition.

発明の詳細な説明 Detailed description of the invention

これまでに開示された技術では、芽胞、つまり休眠状態の芽胞形成菌に対する殺菌効果が十分ではなく、芽胞菌数の低減効果が不十分であった。 In previous technique disclosed, spores, ie not have sufficient bactericidal effect against spore-forming bacteria dormant, the effect of reducing the number of spore-forming bacteria is insufficient.

高濃度の殺菌剤や高圧蒸気滅菌による殺芽方法は、病院など広範囲の環境を消毒するには適しておらず、器材損傷性や人体への毒性がある可能性もあることから、使用用途や使用環境に制約がある。 Stop process according to the high concentration of sterilant or high-pressure steam sterilization is not suitable for disinfecting a wide range of environments, such as hospitals, since it is possible that there is toxicity to equipment damaging or personal, Ya use application there is a restriction on the use environment.

食品加工においては、芽胞対策として過酷な熱処理、もしくは低温流通方法がとられているが、風味や品質の劣化、電力コストなどの課題も生じる。 In food processing, the harsh heat treatment as spore countermeasures, or low-temperature distribution methods have been taken, deterioration of flavor and quality, also issues such as power cost occur.

本発明は、医療や食品分野で危害となる芽胞形成菌を、効率的かつ効果的に殺菌することができる殺芽方法に関する。 The present invention is a spore-forming bacterium that becomes a hazard in the medical and food industry, to efficiently and stop method can effectively sterilize. さらに、本発明は、芽胞形成菌を殺菌する為に用いる殺芽助剤組成物に関する。 Furthermore, the present invention relates to quit aid composition for use in order to sterilize the spore-forming bacteria. 本発明において「殺芽」とは芽胞を有する状態の菌を発芽させて殺すことを主に意図する。 Primarily intended to kill germinating fungus of the state having a spore is a "quit" in the present invention.

本発明者は前記課題に鑑み、鋭意検討を行った結果、ジピコリン酸(2,6-ピリジンジカルボン酸)又はその塩とカチオン界面活性剤とを芽胞形成菌に接触させておくことで、穏やかな加温で効果的に殺芽できることを見出し、本発明に至った。 The present inventor has been made in view of the above problems, intensive studies were carried out results, and dipicolinic acid (2,6 pyridinedicarboxylic acid) or a salt thereof with a cationic surfactant by keeping in contact with the spore-forming bacteria, gentle effectively it found that can be stopped by heating, leading to the present invention.

本発明によれば、芽胞形成菌を、殺菌することができる殺芽方法が提供される。 According to the present invention, the spore-forming bacteria, quit method can be sterilized is provided. さらに、本発明では、芽胞形成菌を殺菌する為に用いる殺芽助剤組成物が提供される。 Furthermore, in the present invention, it stops aid composition for use in order to sterilize the spore-forming bacteria is provided.

芽胞形成菌とは、栄養不存在下で芽胞を形成することによって、一定の熱処理や乾燥に対して抵抗性を有する細菌のことをいう。 The spore-forming bacteria, by forming the spores in nutrient absence, refers to a bacterium resistant to certain heat treatment or drying. 芽胞とは、細菌が形づくる、菌が形成する強固な殻構造を示し、菌自体とは区別する。 The spores, bacteria form, showed a strong shell structure that bacteria form, distinguished from the bacteria itself. 本発明の殺芽対象となる「芽胞形成菌」は、医療現場や食品、飲料製品に存在する一般的な芽胞形成菌である。 The killing bud subject of the present invention "spore-forming bacteria" includes medical field and food, is a common spore-forming microorganisms present in the beverage product. 例えば、バチルス・セレウス(Bacillus cereus)やバチルス・サチルス(Bacillus subtilis)といったバチルス(Bacillus)属の細菌、クロストリジウム・デフィシル(Clostridium difficile)といったクロストリジウム(Clostridium)属の細菌、アンフィバチルス(Amphibacillus)属の細菌、スポロサルシナ(Sporosarcina)属の細菌、ジオバチルス(Geobacillus)属の細菌、エアリバチルス(Aeribacillus)属の細菌、アリサイクロバチルス(Alicyclobacillus)属の細菌などが挙げられる。 For example, Bacillus cereus (Bacillus cereus) and Bacillus subtilis (Bacillus subtilis), such as Bacillus (Bacillus) genus of bacteria, Clostridium difficile (Clostridium difficile), such as Clostridium (Clostridium) bacteria of the genus, Amphitheatre Bacillus (Amphibacillus) bacteria of the genus , Sporosarcina (Sporosarcina) genus of bacteria, Geobacillus (Geobacillus) genus of bacteria, Bacillus Airy (Aeribacillus) genus of bacteria, and the like ants cyclo Bacillus (Alicyclobacillus) bacteria of the genus. これらの芽胞形成菌が芽胞を形成すると、芽胞形成菌は耐熱性を有する。 When these spore-forming bacteria form spores, spore-forming bacteria has a heat resistance. ここで耐熱性とは、本発明の実施例に供した芽胞形成菌で示されるように、初期菌数10 ~10 CFU/mLの芽胞を形成している状態で、80℃で30分以上加温した場合に、10 CFU/mL以上の芽胞形成菌が生存できることをいう。 Here, the heat resistance, as indicated by spore-forming bacteria were subjected to an embodiment of the present invention, while forming the initial bacteria number 10 7 ~ 10 9 CFU / mL of spores, 30 min at 80 ° C. or more in the case warmed, 10 7 CFU / mL or more of spore-forming bacteria say that you can survive.

本発明において「殺芽」とは芽胞を有する状態の菌を発芽させて殺すことを主に意図する。 Primarily intended to kill germinating fungus of the state having a spore is a "quit" in the present invention. 発芽とは、芽胞形成菌の芽胞が発芽することであり、これにより通常の増殖、代謝能を有する菌体になる現象を指す。 Germination and is that the spores of spore-forming bacteria germinate, This refers to normal growth, a phenomenon in which the bacterial cells with a metabolic capacity. 殺芽には、集団で存在する芽胞を有する菌の全体の菌数を減少させることも含む。 The stop also includes reducing the number of bacteria whole bacteria with spores that are present in the population. 殺芽効果とは、特に限定はされないが、例えば、実施例で示すように、芽胞を有する菌の生菌数が、初期菌数が10 CFU/mLであったものが10 CFU/mL未満となる状態を示す。 The stop effect is not particularly limited, for example, as shown in the examples, the viable cell count of bacteria having spore, those initial number of bacteria was 10 8 CFU / mL is 10 7 CFU / mL showing a state where less than.

本発明は、下記の工程1、工程2、および工程3を行うことにより、優れた殺芽効果を有する。 The present invention includes the steps 1 below, step 2, and by performing step 3, has an excellent stop effect.
工程1:芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておく工程; Step 1: a step of previously contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof;
工程2:芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておく工程;および 工程3:芽胞形成菌を50℃以上に加温する工程。 Step 2: Step left in contact with the spore-forming bacteria and a cationic surfactant; and Step 3: a step of heating to more than 50 ° C. The spore-forming bacteria.
(但し、工程1及び工程2を開始後に工程3を終了するものとする)。 (However, it is assumed that the end of the step 3 after the start of the steps 1 and 2).

本発明においては、工程1、2、および3の順番は特に限定はない。 In the present invention, the order of steps 1, 2 and 3 is not particularly limited. 但し、工程1及び工程2を開始後に工程3を終了するものとする。 However, it is assumed that the end of the step 3 after the start of the steps 1 and 2. すなわち、工程1、工程2、および工程3を含む一連の操作において、工程3終了後に工程1または工程2のいずれか、またはいずれもを開始することは含まれない。 That is, Step 1, Step 2, and in a series of operations including the step 3, is not included to initiate either after completion of Step 3 of the process 1 or process 2, or any.

本発明の殺芽方法が優れた殺芽効果を有する理由は、定かではないが以下のように考えられる。 The reason for having a stop effect stop method is superior to the present invention is not clear is considered as follows. 工程1、工程2及び工程3を行うことにより、芽胞が発芽する。 Step 1, by performing the steps 2 and 3, spores germinate. カチオン界面活性剤によって、ジピコリン酸又はその塩と芽胞形成菌の親和性が高まり、ジピコリン酸又はその塩が芽胞形成菌内に入り易く、加温時に効果的に発芽が促進されるものと推定される。 The cationic surfactant increases the affinity of dipicolinic acid or a salt thereof and spore-forming bacteria, easy dipicolinic acid or a salt thereof enters sporulation in fungi, effectively germination is presumed to be promoted when heating that. 発芽した芽胞形成菌は、工程2及び工程3で容易に殺菌可能となる。 Germinated spore-forming bacteria will be readily sterilizable in step 2 and step 3.

また、ジピコリン酸又はその塩の芽胞形成菌内における作用は、菌種によって特異的な特定のレセプターを介する作用ではないので、芽胞形成菌の種類によらず殺芽効果を有すると考えられる。 Further, the action of the dipicolinic acid or spore formation in bacteria salt thereof is not a working through a specific receptor-specific by species, believed to have a stop effect regardless of the type of spore forming bacteria.

なお、ここで、菌の耐熱性の低下を確認することにより、発芽したことを確認することができる。 Here, by checking the decrease in heat resistance of the bacteria, it can be confirmed that germinated. 耐熱性の低下は、芽胞形成菌を、例えば、80℃の環境下で処理し、生存している菌数を調べることにより、確認することができる。 Decrease in heat resistance, the spore-forming bacteria, for example, may be treated under a 80 ° C. environment by examining the number of bacteria surviving to confirm.

本発明において、ジピコリン酸塩を用いる場合、ジピコリン酸の対イオンとしては、特に限定されないが、ナトリウムイオンやカリウムイオン等のアルカリ金属イオン;カルシウムイオンやマグネシウムイオン等のアルカリ土類金属イオンが例示される。 In the present invention, when using a dipicolinic acid salt, as a counter ion of dipicolinic acid is not particularly limited, alkali metal ions such as sodium ion and potassium ion; alkaline earth metal ions such as calcium ions and magnesium ions are exemplified that.

本発明において、「カチオン界面活性剤」とは、溶液に溶解した場合に親水性部分が陽イオンに帯電する界面活性剤を指し、限定はされないが、第1級アンモニウム塩、第2級アンモニウム塩、第3級アンモニウム塩、第4級アンモニウム塩等が例示される。 In the present invention, the term "cationic surfactant" refers to surfactant hydrophilic moiety is positively charged ions when dissolved in solution, but are not limited to, primary ammonium salts, secondary ammonium salt , tertiary ammonium salts, quaternary ammonium salts and the like. 本発明のカチオン界面活性剤は、より具体的には、アルキルトリメチルアンモニウム塩、アルキルトリエチルアンモニウム塩、アルキルジメチルエチルアンモニウム塩、アルキルメチルジエチルアンモニウム塩、ジアルキルジメチルアンモニウム塩、ジアルキルジエチルアンモニウム塩、ジアルキルエチルメチルアンモニウム塩、ベンザルコニウム塩、アルキルピリジニウム塩、アルキルベンゼトニウム塩等の第4級アンモニウム塩、アルキルアミン塩などの第1級アンモニウム塩が挙げられる。 Cationic surfactants of the present invention, more specifically, alkyl trimethylammonium salts, alkyl triethylammonium salts, alkyl dimethyl ethyl ammonium salt, alkyl methyl diethyl ammonium salt, dialkyl dimethyl ammonium salts, dialkyl diethyl ammonium salt, dialkyl ethylmethyl ammonium salts, benzalkonium salts, alkyl pyridinium salts, quaternary ammonium salts such as alkyl benzethonium salts, primary ammonium salts such as alkyl amine salts.

ここで、アルキルトリメチルアンモニウム塩、アルキルトリエチルアンモニウム塩、アルキルジメチルエチルアンモニウム塩及びアルキルメチルジエチルアンモニウム塩は、下記一般式(1)で表される化合物を指す。 Here, alkyltrimethylammonium salts, alkyl triethylammonium salts, alkyl dimethyl ethyl ammonium salt, and alkyl methyl diethyl ammonium salt refers to a compound represented by the following general formula (1).

Figure JPOXMLDOC01-appb-C000002

〔式中、R 11 ~R 14のいずれか1つが、水酸基、エステル基、アミド基を有していても良い炭素数3以上の炭化水素基であり、R 11 ~R 14の残りの3つはメチル基又はエチル基を示し、X は無機または有機のアニオン性化合物を示す。 Wherein any one of R 11 ~ R 14, a hydroxyl group, an ester group, an amide group hydrocarbon group having 3 or more which may carbons have, remaining three of R 11 ~ R 14 represents a methyl or ethyl group, X - represents an inorganic or organic anionic compounds. ]

ここで、炭素数3以上の炭化水素基の炭素数は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは6以上、より好ましくは10以上であり、より好ましくは12以上であり、より好ましくは14以上であり、そして、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、より好ましくは18以下である。 Here, the carbon number of the hydrocarbon group having 3 or more carbon atoms, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 6 or more, more preferably 10 or more, more preferably 12 or more, more preferably and 14 or more, and preferably 22 or less, more preferably 20 or less, more preferably 18 or less. 炭素数3以上の炭化水素基は、直鎖または分岐鎖のアルキル基またはアルケニル基であってよく、好ましくは直鎖のアルキル基である。 Number 3 or more hydrocarbon group having a carbon may be an alkyl group or alkenyl group linear or branched, preferably a straight chain alkyl group. は、塩化物イオン、臭化物イオン等のハロゲンイオン、硫酸イオン、リン酸イオン、リン酸水素イオン、リン酸二水素イオン、硝酸イオン、炭酸イオン、炭酸水素イオン、酢酸イオン等が挙げられる。 X - is a chloride ion, a halogen ion such as bromide ion, sulfate ion, phosphate ion, hydrogen phosphate ion, dihydrogen phosphate ion, nitrate ion, carbonate ion, hydrogen carbonate ion, acetate ion, and the like. 好ましくは無機イオンであり、より好ましくはハロゲンイオンであり、より好ましくは塩化物イオンである。 Preferably inorganic ions, more preferably a halogen ion, more preferably a chloride ion.

ここで、ジアルキルジメチルアンモニウム、ジアルキルジエチルアンモニウム塩及びジアルキルエチルメチルアンモニウム塩、は、下記一般式(2)で表される化合物をいう。 Here, dialkyl dimethyl ammonium, dialkyl diethyl ammonium salts and dialkyl ethyl methyl ammonium salts, refers to a compound represented by the following general formula (2).

Figure JPOXMLDOC01-appb-C000003

〔式中、R 21 ~R 24のいずれか2つが、水酸基、エステル基、アミド基を有していても良い炭素数3以上の炭化水素基であり、R 21 ~R 24の残りの2つはメチル基又はエチル基を示し、X は無機または有機のアニオン性化合物を示す。 Wherein any two of R 21 ~ R 24, a hydroxyl group, an ester group, which may have an amide group may number 3 or more carbon atoms hydrocarbon group, the remaining two of R 21 ~ R 24 represents a methyl or ethyl group, X - represents an inorganic or organic anionic compounds. ここで、R 21 ~R 24のいずれか2つの水酸基、エステル基、アミド基を有していても良い炭素数3以上の炭化水素基は同一でなくても良い。 Here, any two of the hydroxyl groups of R 21 ~ R 24, an ester group, a hydrocarbon group of a good 3 or more carbon atoms have an amide group may not be the same. ]

ここで、炭素数3以上の炭化水素基の炭素数は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは6以上、より好ましくは10以上であり、そして、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、より好ましくは18以下、より好ましくは14以下である。 Here, the carbon number of 3 or more hydrocarbon group having a carbon, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 6 or more, more preferably 10 or more, and preferably 22 or less, more preferably 20 or less, more preferably 18 or less, more preferably 14 or less. 炭素数3以上の炭化水素基は、直鎖または分岐鎖のアルキル基またはアルケニル基であってよく、好ましくは直鎖のアルキル基である。 Number 3 or more hydrocarbon group having a carbon may be an alkyl group or alkenyl group linear or branched, preferably a straight chain alkyl group. は、塩化物イオン、臭化物イオン等のハロゲンイオン、硫酸イオン、リン酸イオン、リン酸水素イオン、リン酸二水素イオン、硝酸イオン、炭酸イオン、炭酸水素イオン、酢酸イオン等が挙げられる。 X - is a chloride ion, a halogen ion such as bromide ion, sulfate ion, phosphate ion, hydrogen phosphate ion, dihydrogen phosphate ion, nitrate ion, carbonate ion, hydrogen carbonate ion, acetate ion, and the like. 好ましくは無機イオンであり、より好ましくはハロゲンイオンであり、より好ましくは塩化物イオンである。 Preferably inorganic ions, more preferably a halogen ion, more preferably a chloride ion.

ベンザルコニウム塩は、下記一般式(3)で表される化合物をいう。 Benzalkonium salts, refers to a compound represented by the following general formula (3).

Figure JPOXMLDOC01-appb-C000004

〔式中、R 31は炭化水素基であり、X は無機または有機のアニオン性化合物を示す。 Wherein, R 31 is a hydrocarbon group, X - represents an inorganic or organic anionic compounds. ]

31の炭素数は、好ましくは6以上、より好ましくは10以上であり、より好ましくは12以上であり、より好ましくは14以上であり、そして、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、より好ましくは18以下である。 The carbon number of R 31 is preferably 6 or more, more preferably 10 or more, more preferably 12 or more, more preferably 14 or more, and preferably 22 or less, more preferably 20 or less, more preferably 18 or less. 31は、直鎖または分岐鎖のアルキル基またはアルケニル基であってよく、好ましくは直鎖のアルキル基である。 R 31 may be a alkyl or alkenyl group linear or branched, preferably a straight chain alkyl group. は、好ましくは塩化物イオン、臭化物イオン等のハロゲンイオン、硫酸イオン、リン酸イオン、リン酸水素イオン、リン酸二水素イオン、硝酸イオン、炭酸イオン、炭酸水素イオン、酢酸イオン等が挙げられる。 X - is preferably chloride ion, a halogen ion such as bromide ion, sulfate ion, like phosphate, hydrogen phosphate ion, dihydrogen phosphate ion, nitrate ion, carbonate ion, hydrogen carbonate ion, acetate ion and the like It is. 好ましくは無機イオンであり、より好ましくはハロゲンイオンであり、より好ましくは塩化物イオンである。 Preferably inorganic ions, more preferably a halogen ion, more preferably a chloride ion.

ここで、アルキルピリジニウム塩、アルキルベンゼトニウム塩、またはアルキルアミン塩という場合の「アルキル」は、好ましくは、炭素数3以上の炭化水素基を指す。 Here, alkyl pyridinium salts, alkyl benzethonium salt or "alkyl" referred alkylamine salts, preferably refers to the number 3 or more hydrocarbon group having a carbon. 炭素数3以上の炭化水素基の炭素数は、好ましくは6以上、より好ましくは10以上であり、そして、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、より好ましくは18以下である。 The carbon number of the hydrocarbon group having 3 or more carbon atoms is preferably 6 or more, more preferably 10 or more, and preferably 22 or less, more preferably 20 or less, more preferably 18 or less. 炭素数3以上の炭化水素基は、直鎖または分岐鎖のアルキル基またはアルケニル基であってよく、好ましくは直鎖のアルキル基である。 Number 3 or more hydrocarbon group having a carbon may be an alkyl group or alkenyl group linear or branched, preferably a straight chain alkyl group.

カチオン界面活性剤としては、ジアルキルジメチルアンモニウム塩、アルキルトリメチルアンモニウム塩またはベンザルコニウム塩が好ましく、ジアルキルジメチルアンモニウム塩およびアルキルトリメチルアンモニウム塩がより好ましく、アルキルトリメチルアンモニウム塩がさらに好ましい。 The cationic surfactants include dialkyl dimethyl ammonium salts, alkyl trimethyl ammonium salt or benzalkonium salt, more preferably dialkyl dimethyl ammonium salts and alkyl trimethyl ammonium salts, more preferably an alkyl trimethyl ammonium salt.

ここで、塩は、限定はされないが、塩化物、臭化物等のハロゲン化物、硫酸塩、リン酸塩、リン酸水素塩、リン酸二水素塩、硝酸塩、炭酸塩、炭酸水素塩、酢酸塩等が挙げられる。 Here, salts include, but are not limited to, chloride, halides bromide, etc., sulfate, phosphate, hydrogen phosphate, dihydrogen phosphate, nitrate, carbonate, bicarbonate, acetate, etc. and the like. 好ましくは無機塩であり、より好ましくはハロゲン化物であり、より好ましくは塩化物である。 Preferably an inorganic salt, more preferably a halide, more preferably chloride.

カチオン界面活性剤としては、塩化ジアルキルジメチルアンモニウム、塩化アルキルトリメチルアンモニウムまたは塩化ベンザルコニウムが好ましく、塩化ジアルキルジメチルアンモニウムおよび塩化アルキルトリメチルアンモニウムがより好ましく、塩化アルキルトリメチルアンモニウムがさらに好ましい。 The cationic surfactants include dialkyl dimethyl ammonium chloride, preferably an alkyl trimethyl ammonium chloride or benzalkonium chloride, and more preferably dialkyl dimethyl ammonium and alkyl trimethyl ammonium chloride chloride, alkyl trimethyl ammonium chloride is more preferred.

ジピコリン酸のカチオン界面活性剤に対するモル比(〔ジピコリン酸のモル濃度〕/〔カチオン界面活性剤のモル濃度〕)は、好ましくは1/1000以上であり、より好ましくは1/100以上であり、より好ましくは1/50以上であり、より好ましくは1/20以上であり、より好ましくは1/10以上であり、より好ましくは1/5以上であり、より好ましくは1/2以上であり、そして、好ましくは1000以下であり、より好ましくは100以下であり、より好ましくは50以下であり、より好ましくは20以下であり、より好ましくは10以下であり、より好ましくは5以下であり、より好ましくは2以下である。 Molar ratio cationic surfactant of dipicolinic acid ([molar concentration of dipicolinic acid] / [molar concentration of cationic surface active agent]) is preferably 1/1000 or more, more preferably 1/100 or more, more preferably 1/50 or more, more preferably 1/20 or more, more preferably less than 1/10, more preferably 1/5 or more, more preferably 1/2 or more, and, preferably 1,000 or less, more preferably 100 or less, more preferably 50 or less, more preferably 20 or less, more preferably 10 or less, more preferably 5 or less, more preferably 2 or less.

<工程1および工程2> <Step 1 and Step 2>

本発明の工程1は、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておく工程である。 Step 1 of the present invention is a process to keep contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof. 本発明の工程2は、芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておく工程である。 Step 2 of the present invention is a process to keep contacting the spore-forming bacteria and a cationic surfactant. ここで、工程1および工程2には、次のいずれの態様も含まれる。 Here, the steps 1 and 2, also includes the following either embodiment.
(1)工程1と工程2を同時に行う態様、すなわち、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤とを同時に接触を開始し、同時に接触を終了する態様。 (1) embodiment for performing step 1 and step 2 simultaneously, i.e., aspect starts contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants concurrently, terminates the contacted simultaneously.
(2)先に工程1を行い、工程1終了後に工程2を行う態様。 (2) the destination to do the step 1, aspect of performing the step 2 after step 1 completed. 例えば、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておく工程1を行った後に、ジピコリン酸又はその塩を除去し、その後カチオン界面活性剤を加えて、芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておくことができる。 For example, after performing the steps 1 to keep contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof, to remove the dipicolinic acid or its salt, then adding cationic surfactant, spore-forming bacteria and a cationic surfactant it can be allowed to contact the door.
(3)先に工程2を行い、工程2終了後に工程1を行う態様。 (3) performs the step 2 above, the aspect to perform the step 1 after the step 2 completion. 例えば、芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておく工程2を行った後に、カチオン界面活性剤を除去し、その後、ジピコリン酸又はその塩を加えて、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておくことができる。 For example, after performing the steps 2 to keep contacting the spore-forming bacteria and a cationic surfactant, to remove the cationic surfactant, then adding dipicolinic acid or its salts, spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a It may have been brought into contact with the salt.
(4)先に工程1を行い、工程1を終了することなく、工程2を開始する態様。 (4) destination performs step 1, without leaving step 1, an embodiment to initiate the process 2. ここでは、先に芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させ、次にジピコリン酸又はその塩を除去することなく、カチオン界面活性剤とを接触させておくことができる。 Here, it is possible to keep previously contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof, then dipicolinic acid or without removing a salt thereof, is contacted with a cationic surfactant.
(5)先に工程2を行い、工程2を終了することなく、工程1を開始する態様。 (5) destination performs step 2, without leaving the step 2, an embodiment to initiate the process 1. ここでは、先に芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させ、次にカチオン界面活性剤を除去することなく、ジピコリン酸とを接触させておくことができる。 Here, it is possible to keep previously contacting the spore-forming bacteria and a cationic surfactant, and then without removing the cationic surfactant, it is contacted with and dipicolinic acid.

ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤は、それぞれ液体または固体の状態で提供され得る。 Dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants may be respectively provided in the form of liquid or solid. また、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤は、簡便性の観点から、好ましくは殺芽助剤組成物として提供される。 Further, dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants are, in view of convenience, preferably provided as stop aid composition.

ここで接触とは、溶液中で接触させておく方法、または、芽胞形成菌が固形物表面に存在する場合は、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液等、後述の液体の殺芽助剤組成物を固形物表面に塗布する方法が挙げられる。 Here, the contacting method left in contact in solution, or, if the spore-forming bacteria present on the surface solids, solution or the like containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, killing later in the liquid method of applying the Mesukezai composition to the solid surface, and the like. 固形物表面に塗布する方法としては、噴霧する方法、刷毛やスポンジ等の道具を使用する方法が挙げられる。 As a method to be applied to the solid surface, a method of spraying, and a method to use a tool such as a brush or sponge. ここで、固形物表面とは特に限定されないが、硬質表面などを指す。 Here, although not particularly limited as solid surfaces, it refers to such hard surfaces.

芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを溶液中で接触させておく場合、その接触する際の溶液中のジピコリン酸又はその塩の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、ジピコリン酸を含む溶液の安定性の観点から、好ましくは1M以下であり、より好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは50mM以下、より好ましくは20mM以下である。 If left in contact with the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof in a solution, the content of the dipicolinic acid or a salt thereof in the solution at the time of the contact, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.05mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM, more preferably at least 8 mM, and the stability of the solution containing dipicolinic acid from the viewpoint, and preferably not more than 1M, more preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably 50mM or less, more preferably 20mM or less. また、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩を溶液中で接触させておく場合、その溶液中のジピコリン酸又はその塩の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは、0.05mM~1M、より好ましくは0.05~200mM、より好ましくは3~100mM、より好ましくは3~25mMである。 Further, if left in contact with spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a solution in a salt thereof, content of dipicolinic acid or a salt in the solution is Taken together the above viewpoint, preferably, 0.05 mM ~ 1M , more preferably 0.05 ~ 200 mM, more preferably 3 ~ 100 mM, more preferably 3 ~ 25 mM. ここで、ジピコリン酸塩である場合、含有量は全て酸換算したものとする(以下、特に断りがない限り同じ意味とする)。 Here, if it is dipicolinic acid salts, and that in terms of all the content acid (hereinafter, the same meaning unless otherwise indicated).

接触にあたって、初期菌数とジピコリン酸又はその塩の濃度との関係は、特に限定はされない。 In contact, the relationship between the initial bacteria count and dipicolinic acid or the concentration of the salt is not particularly limited. 例えば、殺芽効果をより向上させる観点から、初期菌数10 CFU/mLに対するジピコリン酸又はその塩の濃度は、好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、好ましくは1M以下であり、より好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは50mM以下、より好ましくは20mM以下である。 For example, from the viewpoint of further improving the stop effect, dipicolinic acid or the concentration of the salt to the initial bacteria number 10 8 CFU / mL is preferably 0.05mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably more than 3mM , more preferably 4mM or more, more preferably 6mM, more preferably at least 8 mM, and preferably not more than 1M, more preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably 50mM or less, more preferably it is 20mM or less.

芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを溶液中で接触させておく場合、その接触する際の溶液中のカチオン界面活性剤の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.01mM以上、より好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.1mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、好ましくは1000mM以下、より好ましくは500mM以下、さらに好ましくは300mM以下、より好ましくは100mM以下である。 If left in contact with the spore-forming bacteria and a cationic surfactant in solution, the content of the cationic surfactant in the solution at the time of the contact, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0. 01mM or more, more preferably 0.05mM or more, more preferably 0.1mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM or more, and more preferably at least 8mM , and the and preferably 1000mM or less, more preferably 500mM or less, more preferably 300mM or less, more preferably 100mM or less. また、芽胞形成菌とカチオン界面活性剤を溶液中で接触させておく場合、その溶液中のカチオン界面活性剤の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは、0.01~1000mM、より好ましくは0.05~1000mM、より好ましくは0.1~1000mM、より好ましくは0.5~500mM、より好ましくは3~300mM、より好ましくは4~100mM、より好ましくは6~100mM、より好ましくは8~100mMである。 Further, if left in contact with spore-forming bacteria and a cationic surfactant in solution, the content of the cationic surfactant in the solution is Taken together the above viewpoint, preferably, 0.01 ~ 1000 mM, and more preferably 0.05 ~ 1000 mM, more preferably 0.1 ~ 1000 mM, more preferably 0.5 ~ 500mM, more preferably 3 ~ 300mM, more preferably 4 ~ 100mM, more preferably from 6 ~ 100mM, more preferably is 8 ~ 100mM.

芽胞形成菌とカチオン界面活性剤を溶液中で接触させておく場合、その接触する際の溶液中のカチオン界面活性剤の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、そして、好ましくは10質量%以下、より好ましくは5質量%以下、さらに好ましくは1質量%以下である。 If left in contact with spore-forming bacteria and a cationic surfactant in solution, the content of the cationic surfactant in the solution at the time of the contact, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.01 wt% or more, more preferably 0.05 mass% or more, and preferably 10 wt% or less, more preferably 5 mass% or less, more preferably not more than 1 wt%. また、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を溶液中で接触させておく場合、その溶液中のカチオン界面活性剤の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは0.01~10質量%、より好ましくは0.05~5質量%、より好ましくは0.05~1質量%である。 Further, if left in contact with spore-forming bacteria and dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants in solution, the content of the cationic surfactant in the solution is Taken together the above viewpoint, preferably 0. 01-10 wt%, more preferably from 0.05 to 5 mass%, more preferably 0.05 to 1 mass%.

接触にあたって、初期菌数とカチオン界面活性剤の濃度との関係は、特に限定はされない。 In contact, the relationship between the concentration of the initial number of bacteria and a cationic surfactant is not particularly limited. 例えば、殺芽効果をより向上させる観点から、初期菌数10 CFU/mLに対するカチオン界面活性剤の濃度は、好ましくは0.01mM以上、より好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.1mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは1mM以上、より好ましくは10mM以上、より好ましくは100mM以上であり、そして、好ましくは1000mM以下、より好ましくは500mM以下、より好ましくは300mM以下、より好ましくは250mM以下である。 For example, from the viewpoint of further improving the stop effect, the concentration of the cationic surfactant to the initial bacteria number 10 8 CFU / mL is preferably 0.01mM or more, more preferably 0.05mM or more, more preferably 0.1mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 1mM or more, more preferably 10mM or more, more preferably 100mM or more, and preferably 1000mM or less, more preferably 500mM or less, more preferably 300mM or less, more preferably it is 250mM or less.

これらの好ましい濃度は、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を同時に芽胞形成菌に接触させておく場合にあっても、別々に接触させておく場合にあっても同じである。 These preferred concentrations, even when the advance simultaneously into contact with the spore-forming bacterium dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants are the same even when the keep contacted separately.

本発明の工程3開始前に、工程3とは独立して行われる工程1または工程2の温度は、殺芽効果をより向上させる観点から、それぞれ独立して、好ましくは0℃以上、より好ましくは10℃以上、より好ましくは15℃以上、より好ましくは20℃以上であり、そして、好ましくは50℃未満、より好ましくは49℃以下、より好ましくは45℃以下、より好ましくは40℃以下、より好ましくは30℃以下である。 In Step 3 before the start of the present invention, the temperature of step 1 or step 2, which is performed independently of the step 3, from the viewpoint of further improving the stop effect, each independently preferably 0 ℃ or higher, more preferably 10 ℃ or more, more preferably 15 ℃ or more, more preferably 20 ℃ or more, and, preferably less than 50 ℃, more preferably 49 ℃ or less, more preferably 45 ℃ or less, more preferably 40 ℃ or less, more preferably at 30 ℃ or less. また、工程3とは独立して行われる工程1および工程2における芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩またはカチオン界面活性剤を含む溶液との接触温度は、同様の観点から、好ましくは15℃~50℃未満、より好ましくは15℃~40℃、より好ましくは15~30℃である。 Further, the contact temperature with a solution comprising spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt or cationic surfactant in Step 1 and Step 2 is performed independently of the step 3, from the same viewpoint, preferably from 15 ° C. ~ less than 50 ℃, more preferably from 15 ℃ ~ 40 ℃, and more preferably from 15 ~ 30 ℃.

これらの好ましい温度は、工程1および工程2を同時に行う場合にあっても、別々に行う場合にあっても同じであるが、工程1と工程2とが別々に行われる場合、工程1と工程2の温度は、異なっていても同じであってもよい。 When these preferred temperatures, even in case of performing steps 1 and 2 at the same time is the same even when performed separately, in which the step 1 and step 2 are performed separately, step 1 and step second temperature may be the same or different.

本発明の工程3とは独立に行われる工程1または工程2の時間は、殺芽効果をより向上させる観点から、それぞれ独立して、好ましくは1秒以上、より好ましくは5秒以上、より好ましくは30秒以上、より好ましくは1分以上、より好ましくは3分以上、より好ましくは5分以上、より好ましくは8分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは15分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは24時間以下、より好ましくは12時間以下、より好ましくは6時間以下、より好ましくは3時間以下、より好ましくは60分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である。 Time of Step 1 or Step 2 is performed independently of the step 3 of the present invention, from the viewpoint of further improving the stop effect, each independently, preferably not more than 1 second, more preferably 5 seconds or more, more preferably 30 seconds or more, more preferably 1 minute or more, more preferably 3 minutes or more, more preferably 5 minutes or more, more preferably 8 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 15 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more is preferably 25 minutes or more, and preferably 24 hours or less, more preferably 12 hours or less, more preferably 6 hours or less, more preferably 3 hours or less, more preferably 60 minutes or less, more preferably no more than 50 minutes, more preferably 40 minutes or less, and more preferably at most 35 minutes. また、工程1におけるジピコリン酸又はその塩と芽胞形成菌との接触時間は、上記の観点を総合すると、好ましくは1秒~24時間、より好ましくは1秒~6時間、より好ましくは1秒~3時間、より好ましくは1秒~60分、より好ましくは5秒~60分、より好ましくは30秒~60分である。 The contact time with dipicolinic acid or a salt thereof and spore-forming bacteria in step 1, Taken together the above viewpoint, preferably from 1 second to 24 hours, more preferably from 1 second to 6 hours, more preferably 1 second to 3 hours, more preferably 1 second to 60 minutes, more preferably from 5 seconds to 60 minutes, more preferably from 30 seconds to 60 minutes.

<工程3> <Step 3>
本発明の工程3は、芽胞形成菌を50℃以上に加温する工程である。 Step 3 of the present invention is a step of heating the spore-forming bacteria than 50 ° C..

本発明の工程3は、好ましくは芽胞形成菌を50℃以上250℃以下で加温する工程である。 Step 3 of the present invention is preferably a step of heating at 50 ° C. or higher 250 ° C. or less spore-forming bacteria.

芽胞形成菌を加温する温度は、殺芽効果をより向上させる観点から、50℃以上、より好ましくは55℃以上、より好ましくは60℃以上、より好ましくは65℃以上、より好ましくは70℃以上、より好ましくは75℃以上であり、そして、好ましくは250℃以下、より好ましくは200℃以下、より好ましくは150℃以下、より好ましくは120℃以下、より好ましくは100℃以下、より好ましくは90℃以下、より好ましくは85℃以下である。 Temperature for heating a spore-forming bacteria, from the viewpoint of further improving the stop effect, 50 ° C. or higher, more preferably temperatures above 55 ℃, more preferably 60 ° C. or higher, more preferably 65 ° C. or higher, more preferably 70 ° C. or more, more preferably 75 ℃ or more, and, preferably 250 ℃ or less, more preferably 200 ℃ or less, more preferably 150 ℃ or less, more preferably 120 ℃ or less, more preferably 100 ℃ or less, more preferably 90 ℃ or less, more preferably 85 ℃ or less. 本発明の工程3において加温する際の温度は、上記の観点から、好ましくは50℃~250℃、より好ましくは50℃~100℃、より好ましくは55℃~100℃、より好ましくは60℃~100℃、より好ましくは65℃~90℃、より好ましくは70℃~90℃であり、より好ましくは75℃~85℃である。 Temperature at the time of warming in the step 3 of the present invention is, from the point of view of the above, preferably from 50 ℃ ~ 250 ℃, more preferably from 50 ℃ ~ 100 ℃, more preferably from 55 ℃ ~ 100 ℃, more preferably 60 ℃ ~ 100 ℃, more preferably from 65 ℃ ~ 90 ℃, more preferably from 70 ℃ ~ 90 ℃, and more preferably from 75 ℃ ~ 85 ℃.

通常、芽胞形成菌は発芽しないと100℃以下では殺菌し難い。 Usually, it is difficult to sterilization at 100 ℃ and below spore-forming bacteria do not germinate. しかし、本発明においては、工程1および工程2により発芽が促進されるので、工程3において100℃以下でも殺芽効果が得られる。 However, in the present invention, since the germination is promoted by the steps 1 and 2, stop effect can 0.89 ° C. or less in the step 3 is obtained. 尚、本発明においても100℃より高い温度で殺芽することも可能である。 It is also possible to stop at a temperature higher than 0.89 ° C. In the present invention.

本発明の工程3の加温する時間は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは3分以上、より好ましくは5分以上、より好ましくは8分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは3時間以下、より好ましくは90分以下、より好ましくは70分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である。 Time for heating of step 3 of the present invention, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 3 minutes or more, more preferably 5 minutes or more, more preferably 8 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more is preferably 25 minutes or more, and preferably 3 hours or less, more preferably less than 90 minutes, more preferably less than 70 minutes, more preferably less 50 minutes, more preferably less than 40 minutes , more preferably not more than 35 minutes. 本発明の工程3の加温する時間は、上記の観点から、好ましくは3分~90分、より好ましくは5分~70分、より好ましくは8分~50分、より好ましくは10分~50分、より好ましくは20~40分、より好ましくは25~35分である。 Time for heating of step 3 of the present invention, in view of the above, preferably having 3 to 90 minutes, more preferably from 5 minutes to 70 minutes, more preferably from 8 minutes to 50 minutes, more preferably 10 minutes 50 min, more preferably 20-40 minutes, more preferably 25 to 35 minutes. この時間は、工程1及び/または工程2と同時の期間を含んでいても良い。 This time may include the step 1 and / or step 2 and duration of simultaneous.

本発明の工程3の加温とは、結果的に芽胞形成菌を含む系の温度が上がる態様であれば特に限定されない。 The warming step 3 of the present invention is not particularly limited as long as it is consequently manner that the temperature of the system including the spore-forming bacteria is increased. 加温には、例えば、芽胞形成菌に乾熱、湿熱、煮沸、熱水、蒸気熱などを適用する方法が挙げられる。 The heating, for example, dry heat in spore-forming bacteria, moist heat, boiling, hot water, and a method of applying such steam heat. ここで、例えば、熱水に芽胞形成菌を浸す方法や、芽胞形成菌の存在する硬質表面などの固体や芽胞形成菌を含む液等を恒温槽に設置する方法、食品加工における加熱調理等の加熱処理による方法、レーザーの照射等で結果的に芽胞の温度が上昇する方法などが例示される。 Here, for example, a method of immersing the spore-forming bacteria in hot water, a method of installing a liquid or the like in a thermostatic chamber containing the solid and spore-forming bacteria such as hard surfaces in the presence of spore forming bacteria, cooking or the like in food processing the method according to the heat treatment, and a method in which the temperature of the result, the spores in the irradiation, or the like of the laser is increased can be exemplified.

工程1、工程2、及び工程3において、溶液の24℃におけるpHは、特に限定はされないが、好ましくは3以上であり、より好ましくは4以上、さらに好ましくは6以上であり、安全性の観点から、好ましくは12以下、より好ましくは9以下、より好ましくは8.5以下である。 In step 1, step 2, and step 3, pH at 24 ° C. of the solution is not particularly limited, is preferably 3 or more, more preferably 4 or more, more preferably 6 or more, a safety point of view from, preferably 12 or less, more preferably 9 or less, more preferably 8.5 or less. また、前記溶液の24℃におけるpHは、上記の観点を総合すると、好ましくは3~12、より好ましくは3~9、より好ましくは4~8.5である。 Moreover, pH at 24 ° C. of the solution from the overall aspects of the, preferably from 3 to 12, more preferably 3 to 9, more preferably from 4 to 8.5.

pH調整は、ジピコリン酸又はその塩またはカチオン界面活性剤溶液を予め調製する場合に行うことができる。 pH adjustment can be performed when prepared in advance dipicolinic acid or a salt or cationic surfactant solution. あるいは、芽胞形成菌と接触させておく際に芽胞形成菌を含む溶液中にジピコリン酸又はその塩またはカチオン界面活性剤を加えた後に行うこともできる。 Alternatively, it is also possible to carry out after addition of dipicolinic acid or a salt or cationic surfactant in a solution containing a spore-forming bacteria when left in contact with the spore-forming bacteria. pH調整剤としては、一般に用いられる酸や塩基、例えば、塩酸や硫酸などの無機酸、乳酸やクエン酸あるいはそれらの塩などの有機酸、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの無機塩基、トリイソプロパノールアミンなどの有機塩基が挙げられる。 As the pH adjusting agent, typically an acid or base used, for example, inorganic acids such as hydrochloric acid or sulfuric, organic acids such as lactic or citric acid or salts thereof, inorganic bases such as sodium hydroxide and potassium hydroxide, triisopropanolamine organic bases such as amines. pH調整剤としては、酸としては塩酸や硫酸などの無機酸が好ましく、塩基としては水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの無機塩基が好ましい。 As the pH adjusting agent is preferably an inorganic acid such as hydrochloric acid or sulfuric acid as the acid, the base inorganic bases such as sodium hydroxide and potassium hydroxide are preferred.

本発明の殺芽方法において、工程3で加温した芽胞形成菌を、氷を入れた水、もしくは冷却した容器等で急冷することにより工程3を終了することができる。 In quitting the method of the present invention, the in step 3 warmed spore-forming bacteria, it is possible to end the step 3 by quenching in water was placed in the ice, or cooling the container or the like. あるいは、工程3において加温した芽胞形成菌を、しばらく時間を置いて自然に熱を冷ますことにより工程3を終了することができる。 Alternatively, it warmed spore-forming bacteria in step 3, it is possible to terminate the process 3 by cool heat naturally at a while. ここで、加温した芽胞形成菌は、液中に存在する状態であり得る。 Here, warmed spore-forming bacteria, may be a state that is present in the liquid.

芽胞形成菌が液中に存在する場合、本発明の殺芽方法は、工程1、工程2、および工程3またはそれらの工程の前後において芽胞形成菌を攪拌する工程を有してもよい。 If the spore-forming bacteria are present in the liquid, stop method of the present invention, step 1, step 2, and before or after step 3 or their step may include the step of agitating the spore-forming bacteria. 工程1、工程2、および工程3は繰り返すことができる。 Step 1, Step 2, and step 3 can be repeated.

工程3は工程1および工程2を終了してから行うことができる(態様1)。 Step 3 can be performed from the end of the steps 1 and 2 (Embodiment 1).

態様1で、「工程1および工程2の終了後に工程3を行う」とは、ジピコリン酸又はその塩とカチオン界面活性剤とを除去した後に工程3を行うことであり、工程1および工程2の終了と共に、という意味である。 In embodiments 1, the "a step 3 after the end of step 1 and step 2", is to carry out the step 3 after removing the dipicolinic acid or a salt thereof and a cationic surfactant, the step 1 and step 2 along with the end, it is meant that. 態様1は、工程1および工程2を終えて、好ましくは24時間以内、より好ましくは12時間以内、より好ましくは6時間以内、より好ましくは1時間以内、より好ましくは30分以内、さらに好ましくは15分以内、さらに好ましくは5分以内、さらに好ましくは1分以内に工程3に移行する。 Aspect 1, finishing steps 1 and 2, preferably within 24 hours, more preferably within 12 hours, more preferably within 6 hours, more preferably within 1 hour, more preferably within 30 minutes, more preferably within 15 minutes, more preferably within 5 minutes, more preferably it proceeds to step 3 within one minute.

工程1または工程2と工程3を同時に行う期間を有しても良い(態様2)。 Have a period for Step 1 or Step 2 and Step 3 simultaneously good (mode 2).

態様2で、「工程1または工程2と工程3を同時に行う期間を有し」とは、ジピコリン酸又はその塩又はカチオン界面活性剤を除去した後に工程3を行うことであり、工程1又は工程2の終了と共に、という意味である。 In Embodiment 2, the term "comprises a period for Step 1 or Step 2 and Step 3 simultaneously" is that a step 3 after removing the dipicolinic acid or a salt or cationic surfactant, step 1 or step 2 along with the end, it is meant that. 態様2は、工程1又は工程2を終えて、好ましくは24時間以内、より好ましくは12時間以内、より好ましくは6時間以内、より好ましくは1時間以内、より好ましくは30分以内、さらに好ましくは15分以内、さらに好ましくは5分以内、さらに好ましくは1分以内に工程3に移行する。 Embodiment 2, finishing step 1 or step 2, preferably within 24 hours, more preferably within 12 hours, more preferably within 6 hours, more preferably within 1 hour, more preferably within 30 minutes, more preferably within 15 minutes, more preferably within 5 minutes, more preferably it proceeds to step 3 within one minute.

工程1および工程2および工程3を同時に行う期間を有してもよい(態様3)。 Steps 1 and steps 2 and 3 may have a period performed simultaneously (mode 3). 態様3は以下の様に分けられる。 Aspect 3 is divided as follows.
態様3-1 工程1及び/または工程2を、工程3より先に開始する 態様3-2 工程1と工程2と工程3を同時に開始する 態様3-3 工程3を工程1及び工程2より先に開始する 態様3-4 工程1または工程2と工程3を同時に開始する 態様3の中、殺芽効果をより向上させる観点から、態様3-1が好ましいがこれに限定されない。 Aspect 3-1 Steps 1 and / or step 2, ahead aspects 3-2 step 1 and step 2 and the embodiment 3-3 Step 3 to start the process 3 at the same time to start earlier than the step 3 from steps 1 and 2 among the embodiments 3-4 step 1 or step 2 and step 3 of embodiment 3 to start simultaneously beginning, from the viewpoint of further improving the stop effect, it is preferred that embodiments 3-1 but is not limited thereto.

本発明の殺芽方法は、殺芽方法をより向上させる観点から、工程1と工程2と工程3を同時に行う期間を有する態様(態様3)が好ましい。 Stop the method of the present invention, from the viewpoint of further improving the stop method, embodiments having a period for performing step 1 and step 2 and step 3 simultaneously (mode 3) is preferred.

<殺芽助剤組成物> <Yamesuke composition>
本発明の殺芽助剤組成物は、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む組成物である。 Killing bud aid composition of the present invention is dipicolinic acid or compositions comprising the salts and cationic surfactants. 本発明の殺芽助剤組成物は、発芽を目的として行う、加温前処理に使用する。 Killing bud aid composition of the present invention performs the purpose of germination and used heat pretreatment. また、組成物自体を常温(約20℃~約38℃)で用いて殺芽することを目的とする殺芽剤組成物とは区別される。 Moreover, it is distinguished from leave adhesive composition intended to stop using the composition itself at room temperature (about 20 ° C. ~ about 38 ° C.). 特に、本発明の工程1および工程2の後、あるいは工程1および工程2と同時に、加温することで殺芽効果を発揮し得る組成物を指す。 In particular, after the step 1 and step 2 of the present invention, or simultaneously with step 1 and step 2, it refers to a composition capable of exhibiting stop effect by warming. 本発明において、殺芽助剤組成物は、工程1および工程2で使用され得る。 In the present invention, Yamesuke agent compositions may be used in step 1 and step 2.

殺芽助剤組成物としては、液体組成物または固体組成物が挙げられる。 The Yamesuke compositions, liquid compositions or solid compositions.

液体の殺芽助剤組成物は、ジピコリン酸又はその塩、カチオン界面活性剤、および溶媒を含む。 Stop aid composition of liquid comprises dipicolinic acid or a salt thereof, a cationic surfactant, and a solvent.

殺芽助剤組成物が液体の場合に、含まれる溶媒としては、水、または親水性溶媒が挙げられる。 If Yamesuke composition is a liquid, as the solvent contained include water or a hydrophilic solvent. 親水性溶媒としてはエタノール、メタノール、イソプロパノール等の1価アルコール類;グリセリン、エチレングリコール、プロピレングリコール等の多価アルコール類;メチルカルビトール、エチルカルビトール等のカルビトール類などが挙げられる。 The hydrophilic solvents ethanol, methanol, monohydric alcohols such as isopropanol; glycerol, ethylene glycol, polyhydric alcohols such as propylene glycol; methyl carbitol, and carbitol and ethyl carbitol and the like. 溶媒は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは水または水と親水性溶媒の混合物であり、より好ましくは水である。 Solvent, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably water or a mixture of water and a hydrophilic solvent, more preferably water.

液体の殺芽助剤組成物としては、簡便性の観点から、好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液、より好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む水溶液である。 The stop aid composition of the liquid, from the viewpoint of convenience, preferably a solution containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, more preferably with an aqueous solution containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants is there.

液体の殺芽助剤組成物は、さらに、pH調整剤を含有することができる。 Stop aid composition of the liquid can further contain a pH adjusting agent. 液体の殺芽助剤組成物に含まれるpH調整剤としては、一般に用いられる酸や塩基、例えば、塩酸や硫酸などの無機酸、乳酸やクエン酸あるいはそれらの塩などの有機酸、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの無機塩基、モノエタノールアミン、トリエタノールアミン、トリイソプロパノールアミンなどの有機塩基が挙げられる。 The pH adjusting agent contained in the stop aid composition of the liquid, general acid used in or bases, for example, inorganic acids such as hydrochloric acid or sulfuric acid, lactic acid or citric acid, or organic acids, such as their salts, sodium hydroxide and inorganic bases such as potassium hydroxide, monoethanolamine, triethanolamine, and organic bases such as triisopropanolamine. pH調整剤としては、酸としては塩酸や硫酸などの無機酸が好ましく、塩基としては水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの無機塩基が好ましい。 As the pH adjusting agent is preferably an inorganic acid such as hydrochloric acid or sulfuric acid as the acid, the base inorganic bases such as sodium hydroxide and potassium hydroxide are preferred.

液体の殺芽助剤組成物、好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液、より好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む水溶液の24℃におけるpHは、特に限定はされないが、好ましくは3以上であり、より好ましくは4以上、さらに好ましくは6以上であり、安全性の観点から、好ましくは12以下であり、より好ましくは9以下、より好ましくは8.5以下である。 Stop aid composition of a liquid, preferably pH at 24 ° C. of an aqueous solution containing a solution comprising dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, more preferably dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants is not particularly limited Although it is not, is preferably 3 or more, more preferably 4 or more, more preferably 6 or more, from the viewpoint of safety, is preferably 12 or less, more preferably 9 or less, more preferably 8.5 less. また、前記溶液の24℃におけるpHは、上記の観点を総合すると、好ましくは3~12、より好ましくは3~9、より好ましくは4~8.5である。 Moreover, pH at 24 ° C. of the solution from the overall aspects of the, preferably from 3 to 12, more preferably 3 to 9, more preferably from 4 to 8.5.

液体の殺芽助剤組成物は、好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液中、より好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む水溶液中のジピコリン酸の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液の安定性の観点から、好ましくは1M以下であり、より好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは50mM以下、より好ましくは20mM以下である。 Stop aid composition of the liquid, the content of preferably dipicolinic acid in aqueous solution, including a solution containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, more preferably dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.05mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM or more, and more preferably at least 8mM and a, and, from the viewpoint of stability of the solution containing the dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, preferably not more than 1M, more preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably 50mM or less, more preferably 20mM or less. また、液体の殺芽助剤組成物中のジピコリン酸又はその塩の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは、0.05mM~1M、より好ましくは0.05mM~200mM、より好ましくは、3mM~100mM、より好ましくは3mM~15mM、より好ましくは4mM~15mMである。 The content of dipicolinic acid or a salt stop aid composition in liquid Taken together the above viewpoint, preferably, 0.05 mM ~ 1M, more preferably 0.05 mM ~ 200 mM, more preferably , 3mM ~ 100mM, more preferably 3 mM ~ 15 mM, more preferably 4mM ~ 15mM.

液体の殺芽助剤組成物は、好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液中、より好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む水溶液中のカチオン界面活性剤の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、好ましくは1M以下であり、より好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは50mM以下、より好ましくは20mM以下である。 Stop aid composition of the liquid is preferably in a solution containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, and more preferably cationic surfactant in the aqueous solution containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants content, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.05mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM or more, more preferably and at 8mM or more, and preferably not more than 1M, more preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably 50mM or less, more preferably 20mM or less. また、液体の殺芽助剤組成物中のカチオン界面活性剤の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは0.1~1M、より好ましくは0.5~500mM、より好ましくは3~300mM、より好ましくは4~100mM、より好ましくは6~100mM、8~100mMである。 The content of the cationic surfactant of the stop aid composition in liquid Taken together the above viewpoint, preferably 0.1 ~ 1M, more preferably 0.5 - 500 mM, more preferably 3 to 300 mM, more preferably 4 ~ 100mM, more preferably from 6 ~ 100mM, 8 ~ 100mM.

液体の殺芽助剤組成物中のカチオン界面活性剤の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、そして、好ましくは10質量%以下、より好ましくは5質量%以下、さらに好ましくは1質量%以下である。 The content of the cationic surfactant of the stop aid composition in the liquid, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.01 mass% or more, more preferably 0.05 mass% or more, and, preferably 10 wt% or less, more preferably 5 mass% or less, more preferably not more than 1 wt%. また、液体の殺芽助剤組成物のカチオン界面活性剤の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは0.01~10質量%、より好ましくは0.05~5質量%、より好ましくは0.05~1質量%である。 The content of the cationic surfactant of the stop aid composition of liquid Taken together the above viewpoint, preferably 0.01 to 10 mass%, more preferably from 0.05 to 5 mass%, more preferably is 0.05 to 1% by weight.

本発明の殺芽助剤組成物は、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤、水あるいは他の溶媒を含み、過酢酸、スルホペルオキシカルボン酸、またはジカルボン酸ジエステルのいずれも含まない組成物であり得る。 Killing bud aid composition of the present invention, dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, including water or other solvents, peracetic acid, sulfo peroxycarboxylic acid or with a composition containing neither dicarboxylic acid diesters, possible. ここで含まないとは、殺芽助剤組成物が殺芽効果を有しないことを示し、好ましくは1000ppm以下、より好ましくは100ppm以下、より好ましくは10ppm以下、より好ましくは1ppm以下、より好ましくは実質的に0ppmである。 Here does not include A, indicates that Yamesuke composition has no stop effect, preferably 1000ppm or less, more preferably 100ppm or less, more preferably 10ppm or less, more preferably 1ppm or less, more preferably it is substantially 0ppm. ここで実質的とは検出限界以下である。 Here it is below the detection limit substantially.

本発明の液体の殺芽助剤組成物、好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む溶液、より好ましくはジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含む水溶液、は粉末状のジピコリン酸又はその塩またはカチオン界面活性剤を水あるいはその他の溶媒と混合することにより、好ましくは溶解することにより調製することができる。 Stop aid composition of the liquid of the present invention, preferably a solution containing dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants, aqueous solutions more preferably comprising a dipicolinic acid or a salt thereof and a cationic surfactant, a powdery dipicolinic the acid or a salt or cationic surfactant by mixing with water or other solvents, preferably may be prepared by dissolving.

固体の殺芽助剤組成物としては、ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤またはジピコリン酸又はその塩、カチオン界面活性剤、および固形化剤を含む組成物が挙げられる。 The stop aid composition of solid, dipicolinic acid or its salts and cationic surfactants or dipicolinic acid or a salt thereof, a cationic surfactant, and compositions comprising the solidifying agent.

固体の殺芽助剤組成物が含有する固形化剤としては、これに限定されるものではないが、数平均分子量が1,000~100,000のポリエチレングリコール;カルナウバロウ、キャンデリラロウ、ホホバ油、ミツロウ、ラノリンなどのロウ類;パラフィン、ワセリン、セレシン、マイクロクリスタリンワックスなどの炭素数15以上の炭化水素;ラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸などの炭素数12~22の高級脂肪酸;セチルアルコール、ステアリルアルコールなどの炭素数14~22の高級アルコールが挙げられる。 The solidifying agent to stop aid composition of solids contains, but are not limited to, polyethylene glycol having a number average molecular weight of 1,000 to 100,000; carnauba wax, candelilla wax, jojoba oil , beeswax, waxes such as lanolin; paraffin, vaseline, ceresin, hydrocarbons having 15 or more carbon atoms, such as microcrystalline wax; lauric acid, myristic acid, higher fatty acids having 12 to 22 carbon atoms such as stearic acid; cetyl alcohol, higher alcohols having 14 to 22 carbon atoms, such as stearyl alcohol, and the like.

固体の殺芽助剤組成物は、さらに、pH調整剤を含有することができる。 Stop aid composition of the solid can further contain a pH adjusting agent. 固体の殺芽助剤組成物が含有するpH調整剤としては、一般に用いられる酸や塩基、例えば、塩酸や硫酸などの無機酸、乳酸やクエン酸あるいはそれらの塩などの有機酸、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの無機塩基、モノエタノールアミン、トリエタノールアミン、トリイソプロパノールアミンなどの有機塩基が挙げられる。 The pH adjusting agent stop aid composition of solids contains, general acid used in or bases, for example, inorganic acids such as hydrochloric acid or sulfuric acid, lactic acid or citric acid, or organic acids, such as their salts, sodium hydroxide and inorganic bases such as potassium hydroxide, monoethanolamine, triethanolamine, and organic bases such as triisopropanolamine. pH調整剤としては、酸としては塩酸や硫酸などの無機酸が好ましく、塩基としては水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの無機塩基が好ましい。 As the pH adjusting agent is preferably an inorganic acid such as hydrochloric acid or sulfuric acid as the acid, the base inorganic bases such as sodium hydroxide and potassium hydroxide are preferred.

本発明の殺芽助剤組成物は、本発明の殺芽方法の工程1および工程2で使用する際に、芽胞形成菌と殺芽助剤組成物を含む溶液中のジピコリン酸の含有量が、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、ジピコリン酸およびカチオン界面活性剤を含む溶液の安定性の観点から、好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは30mM以下、より好ましくは25mM以下、より好ましくは20mM以下であるように使用することが好ましい。 Killing bud aid composition of the present invention, when used in step 1 and step 2 of stop method of the present invention, the content of dipicolinic acid in the solution containing the spore-forming bacteria and stop aid composition from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.05mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM or more, more preferably at least 8mM Yes, and, from the viewpoint of the stability of solutions containing dipicolinic acid and cationic surfactants, preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably 30mM or less, more preferably 25mM or less, more preferably 20mM or less it is preferable to use in a certain way. また、本発明の殺芽助剤組成物は、本発明の殺芽方法の工程1および工程2で使用する際に、芽胞形成菌と殺芽助剤組成物を含む溶液中のジピコリン酸の含有量が、上記の観点を総合すると、好ましくは0.05~200mM、より好ましくは0.5~100mM、より好ましくは3~30mM、より好ましくは3~25mMであるように使用することが好ましい。 Moreover, killing buds aid composition of the present invention, when used in step 1 and step 2 of stop method of the present invention, the content of dipicolinic acid solution containing spore-forming bacteria and stop aid composition amount, Taken together the above viewpoint, preferably 0.05 ~ 200 mM, more preferably 0.5 ~ 100 mM, more preferably 3 ~ 30 mM, it is preferred to use as more preferably at 3 ~ 25 mM.

液体の殺芽助剤組成物は、本発明の殺芽方法の工程1および工程2で使用する際に、芽胞形成菌と殺芽助剤組成物を含む溶液中のカチオン界面活性剤の含有量が、好ましくはジピコリン酸およびカチオン界面活性剤を含む溶液中、より好ましくはジピコリン酸およびカチオン界面活性剤を含む水溶液中のカチオン界面活性剤の含有量は、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.1mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、好ましくは1000mM以下、より好ましくは500mM以下、さらに好ましくは300mM以下、より好ましくは100mM以下である。 Stop aid composition of the liquid, when used in step 1 and step 2 of stop method of the present invention, the content of the cationic surfactant in the solution containing the spore-forming bacteria and stop aid composition but preferably a solution containing dipicolinic acid and cationic surfactants, and more preferably the content of the cationic surfactant in the aqueous solution containing dipicolinic acid and cationic surfactant, from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.1mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM, more preferably at least 8 mM, and, preferably 1000mM or less, more preferably is 500mM or less, more preferably 300mM or less, more preferably 100mM or less. また、液体の殺芽助剤組成物を使用する際のカチオン界面活性剤の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは0.1~1000mM、より好ましくは0.5~500mM、より好ましくは3~300mM、より好ましくは4~100mM、より好ましくは6~100mMである。 The content of the cationic surfactant in the use of stop aid composition of liquid Taken together the above viewpoint, preferably 0.1 ~ 1000 mM, more preferably 0.5 ~ 500 mM, more preferably the 3 ~ 300mM, more preferably 4 ~ 100mM, more preferably from 6 ~ 100mM.

液体の殺芽助剤組成物は、本発明の殺芽方法の工程1および工程2で使用する際に、芽胞形成菌と殺芽助剤組成物を含む溶液中のカチオン界面活性剤の含有量が、殺芽効果をより向上させる観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、そして、好ましくは10質量%以下、より好ましくは5質量%以下、さらに好ましくは1質量%以下である。 Stop aid composition of the liquid, when used in step 1 and step 2 of stop method of the present invention, the content of the cationic surfactant in the solution containing the spore-forming bacteria and stop aid composition but from the viewpoint of further improving the stop effect, preferably 0.01 mass% or more, more preferably 0.05 mass% or more, and preferably 10 wt% or less, more preferably 5 mass% or less, more preferably is less than 1 wt%. また、液体の殺芽助剤組成物を使用する際のカチオン界面活性剤の含有量は、上記の観点を総合すると、好ましくは0.01~10質量%、より好ましくは0.05~5質量%、より好ましくは0.05~1質量%である。 The content of the cationic surfactant in the use of stop aid composition of liquid Taken together the above viewpoint, preferably 0.01 to 10 mass%, more preferably from 0.05 to 5 mass %, more preferably 0.05 to 1 mass%.

本発明のジピコリン酸又はその塩は、合成によるもの、または微生物から抽出する方法を用いる発酵法によるものの、いずれでも使用できる。 Dipicolinic acid or a salt thereof of the present invention, by synthetic or although by fermentation method to use a method of extracting from microorganisms, any of can be used. 本発明のカチオン界面活性剤は、市販されているもの、合成によるもののいずれも使用できる。 Cationic surfactants of the present invention, those commercially available, none of the by synthesis may be used.

本発明の殺芽方法および殺芽助剤組成物は、食品加工設備の殺菌洗浄や、衣料の殺菌洗浄等に使用することができる。 Stop methods and stop aid composition of the present invention, sterilizing and washing and food processing equipment can be used for sterilization such as washing of clothes.

上述した実施の形態に関し、本発明は以下の殺芽方法および殺芽助剤組成物を開示する。 Relates the above-described embodiment, the present invention discloses the following stop method and stop aid composition.

<項1> <Section 1>
下記の工程1、工程2および工程3を行う殺芽方法: The following steps 1, quit method of performing steps 2 and 3:
工程1:芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触させておく工程; Step 1: a step of previously contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof;
工程2:芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とを接触させておく工程;および 工程3:芽胞形成菌を50℃以上に加温する工程(但し、工程1及び工程2を開始後に工程3を終了するものとする)。 Step 2: Step left in contact with the spore-forming bacteria and a cationic surfactant; and Step 3: the step of heating the spore-forming bacteria above 50 ° C. (provided that terminates the process 3 after starting the steps 1 and 2 It shall be).

<項2> <Section 2>
工程1、工程2、および工程3を同時に行う期間を有する、<項1>記載の殺芽方法。 Step 1, Step 2, and a period for step 3 simultaneously, <claim 1> quit method according.

<項3> <Section 3>
工程1の終了後に工程2及び工程3を行う、<項1>記載の殺芽方法。 Process performing the steps 2 and 3 after one of the end, <section 1> quit the method described.

<項4> <Claim 4>
工程2の終了後に工程1及び工程3を行う、<項1>記載の殺芽方法。 Process performing the steps 1 and 3 after two of the end, <section 1> quit the method described.

<項5> <Section 5>
カチオン界面活性剤が、第1級アンモニウム塩、第2級アンモニウム塩、第3級アンモニウム塩、または第4級アンモニウム塩のいずれかである、<項1>~<項4>のいずれか記載の殺芽方法。 Cationic surfactants, primary ammonium salts, secondary ammonium salt is either a tertiary ammonium salt or a quaternary ammonium salt, according to any one of <claim 1> to <claim 4> quit method.

<項6> <Section 6>
カチオン界面活性剤が、アルキルトリメチルアンモニウム塩、ジアルキルジメチルアンモニウム塩、ベンザルコニウム塩、アルキルピリジニウム塩、アルキルベンゼトニウム塩等の第4級アンモニウム塩、アルキルアミン塩等の第1級アンモニウム塩である、<項1>~<項5>のいずれか記載の殺芽方法。 Cationic surfactant is an alkyltrimethylammonium salt, dialkyldimethylammonium salts, benzalkonium salts, alkyl pyridinium salts, quaternary ammonium salts such as alkyl benzethonium salts, primary ammonium salts such as alkyl amine salts, < claim 1> to stop method according to any one of <5.>.

<項7> <Section 7>
カチオン界面活性剤が、一般式(1)で表わされる第4アンモニウム塩である、<項1>~<項6>のいずれか記載の殺芽方法。 Cationic surfactant is a quaternary ammonium salt represented by the general formula (1), <claim 1> to stop method according to any one of <6.>.

Figure JPOXMLDOC01-appb-C000005

〔式中、R 11 ~R 14のいずれか1つが、水酸基、エステル基、アミド基を有していても良い炭素数3以上の炭化水素基であり、R 11 ~R 14の残りの3つはメチル基又はエチル基を示し、X は無機または有機のアニオン性化合物を示す。 Wherein any one of R 11 ~ R 14, a hydroxyl group, an ester group, an amide group hydrocarbon group having 3 or more which may carbons have, remaining three of R 11 ~ R 14 represents a methyl or ethyl group, X - represents an inorganic or organic anionic compounds. ]

<項8> <Section 8>
カチオン界面活性剤が、アルキルトリメチルアンモニウム塩、アルキルトリエチルアンモニウム塩、アルキルジメチルエチルアンモニウム塩、アルキルメチルジエチルアンモニウム塩、ジアルキルジメチルアンモニウム塩、ジアルキルジエチルアンモニウム塩、ジアルキルエチルメチルアンモニウム塩、ベンザルコニウム塩、アルキルピリジニウム塩、およびアルキルベンゼトニウム塩からなる群より選択される少なくとも1種である、<項1>~<項7>のいずれか記載の殺芽方法。 Cationic surfactants include alkyl trimethyl ammonium salts, alkyl triethylammonium salts, alkyl dimethyl ethyl ammonium salt, alkyl methyl diethyl ammonium salt, dialkyl dimethyl ammonium salts, dialkyl diethyl ammonium salt, dialkyl ethyl methyl ammonium salts, benzalkonium salts, alkyl it is at least one selected from pyridinium salts, and the group consisting of alkyl benzethonium salts, <claim 1> to stop method according to any one of <section 7>.

<項9> <Section 9>
前記工程1および工程2において、芽胞形成菌、ジピコリン酸又はその塩、およびカチオン界面活性剤を液中で接触させておく、<項1>~<項8>のいずれか記載の殺芽方法。 In the step 1 and step 2, spore-forming bacteria, placed in contact dipicolinic acid or a salt thereof, and a cationic surfactant in a liquid, <claim 1> to stop method according to any one of <section 8>.

<項10> <10.>
液中のジピコリン酸又はその塩の含有量が0.05mM以上200mM以下である<項9>記載の殺芽方法。 Stop method of the content of dipicolinic acid or its salt is 200mM or less than 0.05mM in the liquid <claim 9> wherein.

<項11> <11.>
液中のカチオン界面活性剤の含有量が0.1mM以上1000mM以下である、<項9>記載の殺芽方法。 The content of the cationic surfactant in the solution is less than or equal to 1000mM than 0.1 mM, <9.> quit method according.

<項12> <12.>
芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とが接触する時のジピコリン酸又はその塩の濃度が0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは50mM以下、より好ましくは20mM以下、<項1>~<項11>のいずれか記載の殺芽方法。 Spore-forming bacteria and dipicolinic acid or its dipicolinic acid or concentration of a salt thereof when salt is contacted more than 0.05 mM, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM or more, more preferably at least 8 mM, and preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably 50mM or less, more preferably 20mM or less, according to any of the <claim 1> to <claim 11> quit methods.

<項13> <13.>
芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とが接触する時のカチオン界面活性剤の濃度が、0.1mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、より好ましくは4mM以上、より好ましくは6mM以上、より好ましくは8mM以上であり、そして、好ましくは1000mM以下、より好ましくは500mM以下、より好ましくは300mM以下、より好ましくは100mM以下である、<項1>~<項12>のいずれか記載の殺芽方法。 The concentration of cationic surface active agent at the time of contact between the spore-forming bacteria and a cationic surfactant, 0.1 mM or higher, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, more preferably 4mM or more, more preferably 6mM, more preferably at least 8 mM, and, preferably 1000mM or less, more preferably 500mM or less, more preferably 300mM or less, more preferably 100mM or less, either <claim 1> to <claim 12> quit the method described.

<項14> <14.>
芽胞形成菌とカチオン界面活性剤とが接触する時のカチオン界面活性剤の濃度が、0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、そして、好ましくは10質量%以下、より好ましくは5質量%以下、さらに好ましくは1質量%以下である、<項1>~<項13>のいずれか記載の殺芽方法。 The concentration of cationic surface active agent at the time of contact between the spore-forming bacteria and a cationic surfactant, 0.01% by mass or more, more preferably 0.05 mass% or more, and preferably 10 wt% or less, more preferably 5 wt% or less, much more preferably 1 wt%, <claim 1> to stop method according to any one of <13.> is.

<項15> <15.>
工程1および工程2を、それぞれ独立してまたは同時に15℃以上50℃未満で行う、<項1>~<項14>のいずれか記載の殺芽方法。 The steps 1 and 2, carried out in each less than independently or simultaneously 15 ℃ above 50 ° C., <claim 1> to stop method according to any one of <14.>.

<項16> <16.>
工程3とは独立して行われる工程1および工程2を、それぞれ独立してまたは同時に、15℃以上、より好ましくは20℃以上であり、そして、好ましくは50℃未満、より好ましくは49℃以下、より好ましくは45℃以下、より好ましくは40℃以下、より好ましくは30℃以下で行う、<項1>~<項15>のいずれか記載の殺芽方法。 The steps 1 and 2, the step 3 is performed independently, or at the same time independently of each other, 15 ℃ or more, more preferably 20 ℃ or more, and, preferably less than 50 ℃, more preferably 49 ℃ or less , more preferably at 45 ℃ or less, more preferably at 40 ℃ or less, more preferably carried out at 30 ℃ or less, <section 1> to quit method according to any one of <15.>.

<項17> <17.>
工程3とは独立に行われる工程1の時間、すなわち、芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩との接触時間が、好ましくは、1秒以上、より好ましくは5秒以上、より好ましくは30秒以上、より好ましくは1分以上、より好ましくは3分以上、より好ましくは5分以上、より好ましくは8分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは15分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは60分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である、<項1>~<項16>のいずれか記載の殺芽方法。 Step 3 time steps 1 to be performed independently of the, i.e., contact time with the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof is preferably 1 second or more, more preferably 5 seconds or more, more preferably 30 seconds or more , more preferably at least 1 minute, more preferably 3 minutes or more, more preferably 5 minutes or more, more preferably 8 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 15 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more is preferably 25 minutes or more, and preferably 60 minutes or less, more preferably than 50 minutes, more preferably 40 minutes or less, and more preferably not more than 35 minutes, the <claim 1> to <claim 16> quit method according to any one.

<項18> <18.>
工程3とは独立に行われる場合の工程2の時間、すなわち、芽胞形成菌とカチオン界面活性剤との接触時間が、好ましくは1秒以上、より好ましくは5秒以上、より好ましくは30秒以上、より好ましくは1分以上、より好ましくは3分以上、より好ましくは5分以上、より好ましくは8分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは15分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは60分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である、<項1>~<項17>のいずれか記載の殺芽方法。 Time Step 2 when performed independently of the step 3, i.e., the contact time with the spore-forming bacteria and a cationic surfactant, preferably at least 1 second, more preferably 5 seconds or more, more preferably 30 seconds or more , more preferably at least 1 minute, more preferably 3 minutes or more, more preferably 5 minutes or more, more preferably 8 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 15 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more is preferably 25 minutes or more, and preferably 60 minutes or less, more preferably than 50 minutes, more preferably 40 minutes or less, and more preferably not more than 35 minutes, the <claim 1> to <claim 17> quit method according to any one.

<項19> <19.>
工程3と同時に行う期間を有する場合の工程1における芽胞形成菌とジピコリン酸又はその塩とを接触する接触時間の合計が、好ましくは5分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは15分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは90分以下、より好ましくは80分以下、より好ましくは70分以下、より好ましくは65分以下、より好ましくは60分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である、<項1>~<項18>のいずれか記載の殺芽方法。 The total contact time for contacting the spore-forming bacteria and dipicolinic acid or a salt thereof in the step 1 in the case of having a period in which at the same time as step 3 is preferably 5 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 15 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more and preferably at least 25 minutes, and preferably less 90 minutes, more preferably not more than 80 minutes, more preferably not more than 70 minutes, more preferably 65 minutes or less, more preferably 60 minutes or less, more preferably than 50 minutes, more preferably 40 minutes or less, and more preferably not more than 35 minutes, <claim 1> to stop method according to any one of <18.>.

<項20> <20.>
工程3と同時に行う期間を有する場合の工程2における芽胞形成菌とカチオン界面活性剤の接触時間の合計が、好ましくは5分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは15分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは90分以下、より好ましくは80分以下、より好ましくは70分以下、より好ましくは65分以下、より好ましくは60分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である、<項1>~<項19>のいずれか記載の殺芽方法。 The total contact time of spore-forming bacteria and a cationic surfactant in step 2 of the case having a period in which at the same time as step 3 is preferably 5 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 15 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more is preferably 25 minutes or more, and preferably 90 minutes or less, and more preferably not more than 80 minutes, more preferably not more than 70 minutes, more preferably not more than 65 minutes, more preferably 60 minutes or less, more preferably not more than 50 minutes, more preferably 40 minutes or less, and more preferably not more than 35 minutes, <claim 1> to stop method according to any one of <19.>.

<項21> <21.>
工程3において芽胞形成菌を50℃以上に加温する時間が、3分以上90分以下である、<項1>~<項20>いずれか記載の殺芽方法。 Time to warm the spore-forming bacteria to more than 50 ℃ in step 3, is 90 minutes or less than 3 minutes, <section 1> to <20.> quit method according to any one.

<項22> <22.>
工程3の温度が好ましくは50℃以上、より好ましくは55℃以上、より好ましくは60℃以上、より好ましくは65℃以上、より好ましくは70℃以上、より好ましくは75℃以上であり、そして、好ましくは250℃以下、より好ましくは200℃以下、より好ましくは150℃以下、より好ましくは120℃以下、より好ましくは100℃以下、より好ましくは90℃以下、より好ましくは85℃以下である、<項1>~<項21>のいずれか記載の殺芽方法。 Temperature of step 3 is preferably 50 ℃ or more, more preferably 55 ℃ or more, more preferably 60 ℃ or more, more preferably 65 ℃ or more, more preferably 70 ℃ or more, more preferably 75 ℃ or more, and, preferably 250 ℃ or less, more preferably 200 ℃ or less, more preferably 150 ℃ or less, more preferably 120 ℃ or less, more preferably 100 ℃ or less, more preferably 90 ℃ or less, more preferably 85 ℃ or less, <claim 1> to stop method according to any one of <21.>.

<項23> <23.>
工程3の加温する時間が、好ましくは3分以上、より好ましくは5分以上、より好ましくは8分以上、より好ましくは10分以上、より好ましくは20分以上、より好ましくは25分以上であり、そして、好ましくは90分以下、より好ましくは70分以下、より好ましくは50分以下、より好ましくは40分以下、より好ましくは35分以下である、<項1>~<項22>のいずれか記載の殺芽方法。 Time for heating of step 3 is preferably 3 minutes or more, more preferably 5 minutes or more, more preferably 8 minutes or more, more preferably 10 minutes or more, more preferably 20 minutes or more, more preferably at least 25 minutes Yes, and preferably not more than 90 minutes, more preferably less than 70 minutes, more preferably less 50 minutes, more preferably 40 minutes or less, and more preferably not more than 35 minutes, the <claim 1> to <claim 22> quit method according to any one.

<項24> <24.>
前記工程3開始前に、前記工程1および工程2をそれぞれ独立してまたは同時に15℃以上50℃未満で行う期間を有する、<項1>~<項23>のいずれか記載の殺芽方法。 It said in step 3 before the start, with a period in which the step 1 and step 2 in each less than independently or at the same time 15 ℃ more than 50 ℃, <section 1> to quit method according to any one of <23.>.

<項25> <25.>
工程3開始前に、前記工程1および工程2をそれぞれ独立してまたは同時に1秒以上60分以下行う、<項1>~<項24>のいずれか記載の殺芽方法。 Step 3 before the start, the process is carried out 1 and step 2 each independently or at the same time 60 minutes or less for more than 1 second, <section 1> to quit method according to any one of <section 24>.

<項26> <26.>
前記工程1および工程2を合計でそれぞれ独立してまたは同時に30分以上90分以下行う、<項1>~<項25>のいずれか記載の殺芽方法。 The step for 1 and step 2 independent from each other in total or at the same time for more than 30 minutes 90 minutes or less, <section 1> to quit method according to any one of <section 25>.

<項27> <27.>
ジピコリン酸又はその塩およびカチオン界面活性剤を含有する、殺芽助剤組成物。 Dipicolinic acid or a salt thereof and a cationic surfactant, Yamesuke agent composition.

<項28> <28.>
ジピコリン酸又はその塩を好ましくは0.05mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、そして、好ましくは200mM以下、より好ましくは100mM以下、より好ましくは30mM以下含有する液体組成物である、<項27>記載の殺芽助剤組成物。 Dipicolinic acid or its salt preferably 0.05mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, and preferably 200mM or less, more preferably 100mM or less, more preferably a liquid composition containing 30mM or less at is, <27.> quit aid composition described.

<項29> <29.>
カチオン界面活性剤を好ましくは0.1mM以上、より好ましくは0.5mM以上、より好ましくは3mM以上、そして、好ましくは1000mM以下、より好ましくは500mM以下、より好ましくは300mM以下含有する液体組成物である、<項27>または<項28>記載の殺芽助剤組成物。 Cationic surfactants preferably 0.1mM or more, more preferably 0.5mM or more, more preferably 3mM or more, and preferably 1000mM or less, more preferably 500mM or less, more preferably a liquid composition containing 300mM or less some, <section 27> or <28.> quit aid composition described.

<項30> <30.>
ジピコリン酸又はその塩、カチオン界面活性剤、および水あるいは他の溶媒を含み、過酢酸、スルホペルオキシカルボン酸およびジカルボン酸ジエステルの含有量が、好ましくは1000ppm以下、より好ましくは100ppm以下、より好ましくは10ppm以下、より好ましくは1ppm以下、より好ましくは実質的に0ppmである、<項27>~<項29>のいずれか記載の殺芽助剤組成物。 Dipicolinic acid or a salt thereof, a cationic surfactant, and wherein the water or other solvent, the content of peracetic acid, sulfo peroxycarboxylic acid and dicarboxylic acid diester is preferably 1000ppm or less, more preferably 100ppm or less, more preferably 10ppm or less, more preferably 1ppm or less, and more preferably substantially 0 ppm, <claim 27> ~ quit aid composition according to any one of <item 29>.

以下、実施例を示し、本発明をより具体的に説明する。 Following Examples illustrate the present invention more specifically.

菌の調製 芽胞形成菌:Bacillus subtilis 168株を供試菌株として用いた。 Preparation spore-forming bacteria of bacteria were used: Bacillus subtilis 168 strain as a test strain. 芽胞形成菌の含有量が10 CFU/mLである水分散液を作製して実験に用いた。 We used in the experiment the content of spore-forming bacteria to prepare a water dispersion having 10 8 CFU / mL. この水分散液中の芽胞形成菌は、顕微鏡観察により、95%以上が芽胞を形成していることを確認した後に実験に用いた。 Spore-forming bacteria in the aqueous dispersion, by microscopic observation, 95% or more were used for experiments after confirming that form a spore.

ジピコリン酸水溶液の調製 ジピコリン酸(以下、DPAともいう)は試薬(和光純薬工業株式会社製、製造コード165-05342)を、溶媒は50mMにイオン交換水で調整したTris-HClbuffer(和光純薬工業株式会社製、製造コード318-90225)を、pH調整剤は水酸化ナトリウムを用いた。 Dipicolinic acid aqueous preparation dipicolinic acid (hereinafter, also referred to as DPA) reagent (manufactured by Wako Pure Chemical Industries, Ltd., production code 165-05342) was, Tris-HClbuffer (Wako Pure Chemical solvents adjusted with deionized water to 50mM Kogyo Co., Ltd., a manufacturing code 318-90225), pH adjusting agent used was sodium hydroxide. ジピコリン酸水溶液の調製は24℃にて行った。 Preparation of dipicolinic acid aqueous solution was carried out at 24 ℃. 卓上型pHメーター型式9611(HORIBA製)にてジピコリン酸水溶液のpHを測定しながら、pH調整剤をジピコリン酸水溶液に滴下して、ジピコリン酸水溶液のpHを調整した。 While measuring the pH of dipicolinic acid aqueous solution at Benchtop pH Meter Model 9611 (manufactured by HORIBA), it was added dropwise a pH adjusting agent dipicolinic acid aqueous solution to adjust the pH of the dipicolinic acid aqueous solution. 実施例において、特に断らない限り、pHは、24℃におけるpHである。 In the examples, unless otherwise indicated, pH is a pH at 24 ℃. 特に断りがない限り、pH7(24℃)に調整し、実験を行った。 Unless otherwise noted, adjusted to pH7 (24 ℃), an experiment was conducted.

界面活性剤 以下の界面活性剤を用いた。 It was using a surfactant of a surfactant.
ラウリルトリメチルアンモニウムクロライド(コータミン24P、花王(株)製) Lauryl trimethyl ammonium chloride (Quartamin 24P, manufactured by Kao Corporation)
アルキルベンジルジメチルアンモニウムクロライド(サニゾ―ルC花王(株)製) Alkyl benzyl dimethyl ammonium chloride (Sanizo - made Le C Kao Corporation)
ラウリル硫酸ナトリウム(エマール0、花王(株)製) Sodium lauryl sulfate (Emal 0, manufactured by Kao Corporation)
ポリオキシエチレン(3)ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(エマール20C、花王(株)製) Polyoxyethylene (3) lauryl ether sulfate (EMAL 20C, manufactured by Kao Corporation)
ポリオキシエチレン(2)ラウリルエ一テル硫酸ナトリウム(エマールE-27C、花王(株)製) Polyoxyethylene (2) Raurirue one ether sodium sulfate (Emal E-27C, manufactured by Kao Corp.)
ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ネオベックスG-15、花王(株)製) Sodium dodecyl benzene sulfonate (neo Becks G-15, manufactured by Kao Corp.)
ポリオキシエチレンラウリルエーテル(エマルゲン108、花王(株)製) Polyoxyethylene lauryl ether (EMULGEN 108, manufactured by Kao Corp.)
ポリオキシエチレン(23)ラウリルエーテル(エマルゲン123P、花王(株)製) Polyoxyethylene (23) lauryl ether (EMULGEN 123P, manufactured by Kao Corporation)
ポリオキシエチレンラウリルエーテル(エマルゲン130K、花王(株)製) Polyoxyethylene lauryl ether (EMULGEN 130K, manufactured by Kao Corp.)
モノラウリン酸ポリエチレングリコール(エマノーン1112、花王(株)製) Polyethylene glycol monolaurate (EMANON 1112, manufactured by Kao Corporation)
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(60E.O.) (エマノーンCH-60、花王(株)製) Polyoxyethylene hardened castor oil (60E.O.) (EMANON CH-60, manufactured by Kao Corp.)
ラウリルグルコシド(マイドール12、花王(株)製) Lauryl glucoside (My Doll 12, manufactured by Kao Corp.)
ドデシルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C12トリメチルアンモニウムクロライド) Dodecyl trimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei, C12 trimethyl ammonium chloride or less)
テトラデシルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C14トリメチルアンモニウムクロライド) Tetradecyl trimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C14 trimethyl ammonium chloride)
ヘキサデシルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C16トリメチルアンモニウムクロライド) Hexadecyl trimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C16 trimethyl ammonium chloride)
オクタデシルトリメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C18トリメチルアンモニウムクロライド) Octadecyl trimethyl ammonium chloride (manufactured by Tokyo Kasei, hereinafter C18 trimethyl ammonium chloride)
ジオクタジメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C8ジメチルアンモニウムクロライド) Dioctanylphosphatidyl dimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C8 dimethyl ammonium chloride)
ジデシルジメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C10ジメチルアンモニウムクロライド) Didecyl dimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C10 dimethyl ammonium chloride)
ジドデシルジメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C12ジメチルアンモニウムクロライド) Didodecyl dimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C12 dimethyl ammonium chloride)
ジテトラデシルジメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C14ジメチルアンモニウムクロライド) Ditetradecyl dimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C14 dimethyl ammonium chloride)
ジヘキサデシルジメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C16ジメチルアンモニウムクロライド) Dihexadecyl dimethyl ammonium chloride (manufactured by Tokyo Kasei, hereinafter C16 dimethyl ammonium chloride)
ジオクタデシルジメチルアンモニウムクロライド(東京化成製、以下C18ジメチルアンモニウムクロライド) Dioctadecyl dimethyl ammonium chloride (Tokyo Kasei Co., Ltd., following C18 dimethyl ammonium chloride)

実施例1-1: Example 1-1:
殺芽試験 表1に記載された10mMジピコリン酸水溶液(以下、DPA溶液ともいう)、0.10質量%ラウリルトリメチルアンモニウムクロライドと芽胞形成菌とを用いて、次の手順により殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Stop 10mM dipicolinic acid aqueous solution as described in the test Table 1 (hereinafter, also referred to as DPA solution), using a 0.10 wt% lauryl trimethyl ammonium chloride and spore-forming bacteria, subjected to quit tested by the following procedure, It was evaluated stop effect. 評価結果を表1に示す。 The evaluation results are shown in Table 1. (尚、表中、「%」とは「質量%」である。以下同じ。) (In the tables, the term "%" is "mass%". The same applies hereinafter.)

―手順― -procedure-

(1)工程1および工程2:芽胞形成菌の水分散液(以下、芽胞液という;以下の実施例において同じ)100 μLを、DPA水溶液800μLと、ラウリルトリメチルアンモニウムクロライドの水溶液100 μLとを混合し、試験液とした。 (1) Step 1 and Step 2: Water dispersion of spore-forming bacteria; mixing 0.89 .mu.L (hereinafter, referred to as spores solution same in the following examples), the DPA solution 800 uL, an aqueous solution 0.89 .mu.L of lauryl trimethyl ammonium chloride then, it was the test solution. DPAの終濃度は10mMであり、ラウリルトリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は0.1質量%であった。 The final concentration of DPA is 10 mM, the final concentration of lauryl trimethyl ammonium chloride was 0.1 wt%. ここで、終濃度とは、混合後の水溶液(合計1mLの状態)における濃度を意味する(以下の実施例において同じ)。 Here, the final concentration refers to the concentration in the aqueous solution after mixing (state a total of 1 mL) (same in the following examples).
(2)工程1および工程2:上記(1)の試験液(pH7.0)を24℃で30分間静置した。 (2) Step 1 and Step 2: test solution of the above (1) and (pH 7.0) was allowed to stand for 30 minutes at 24 ° C..
(3)工程3:上記(2)の後、試験液をそのまま80℃で30分間加温処理した。 (3) Step 3: After the above (2), the test solution was 30 minutes warming process as it is 80 ℃.
加温工程には、Major Science社のアルミブロック恒温槽MD-01N-110を用いた。 The warming process, using the Major Science's aluminum block thermostatic chamber MD-01N-110.
(4)(3)で熱処理した試験液をLP水溶液(LP希釈液(ダイゴ、日本製薬(株)製))で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (4) LP aqueous solution (LP diluted solution (Daigo, Nihon Pharmaceutical Co., Ltd.)), a heat-treated test solution (3) were serially diluted with, 100μL smear each of the diluted solution to the LB agar medium (manufactured by BD Co., Ltd.) and, 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(5)(4)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (5) (4) After the culture, at the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

比較例1-1、1-2 Comparative Example 1-1 and 1-2
実施例1-1の手順(1)において、終濃度10 mM DPAおよび終濃度0.1質量%カチオン界面活性剤を含む水溶液の代わりに、表1に示した水溶液を用いた。 In step (1) of Example 1-1, instead of an aqueous solution containing a final concentration of 10 mM DPA and a final concentration of 0.1 wt% cationic surfactant, using an aqueous solution shown in Table 1. それ以外は実施例1-1と同様に行った。 Otherwise it was carried out in the same manner as in Example 1-1.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000006

実施例2-1および比較例2-1~2-10: Examples 2-1 and Comparative Examples 2-1 to 2-10:
DPA水溶液に、表2に示す各界面活性剤水溶液を混合した水溶液を用いた。 The DPA solution, using an aqueous solution obtained by mixing the aqueous surfactant solution shown in Table 2. 水溶液中のDPAの終濃度は10mM、各界面活性剤の終濃度は0.1質量%であった。 The final concentration of DPA in the aqueous solution is 10 mM, the final concentration of each surfactant was 0.1 wt%. 実施例1-1と同様の条件にて、殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Under the same conditions as in Example 1-1, performs stop test, was evaluated stop effect. 評価結果を表2に示す。 The evaluation results are shown in Table 2.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000007

実施例3-1~3-10: Examples 3-1 to 3-10:
DPA水溶液に、表3に示す各界面活性剤水溶液を混合した水溶液を用いた。 The DPA solution, using an aqueous solution obtained by mixing the aqueous surfactant solution shown in Table 3. 水溶液中のDPAと各界面活性剤の終濃度は10mMであった。 DPA and the final concentration of each surfactant in the aqueous solution was 10 mM. 実施例1-1と同様の条件にて殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Do the stop test under the same conditions as described in Example 1-1, it was evaluated stop effect. 評価結果を表3に示す。 The evaluation results are shown in Table 3.

比較例3-1~3-3: Comparative Examples 3-1 to 3-3:
工程3の温度をRT(25℃)とした以外は、実施例3-1、3-3、3-4と同様の条件で殺芽効果を評価した。 Except that the temperature in step 3 was RT (25 ℃) evaluated the stop effect under the same conditions as in Example 3-1,3-3,3-4.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000008

実施例4-1~4-13: Examples 4-1 to 4-13:
DPA水溶液に、表4に示す各界面活性剤水溶液を混合した水溶液を用いた。 The DPA solution, using an aqueous solution obtained by mixing the aqueous surfactant solution shown in Table 4. 水溶液中のDPAの終濃度は10mM、各界面活性剤の終濃度は表4に示す濃度であった。 The final concentration of DPA in the aqueous solution is 10 mM, the final concentration of each surfactant was concentrations shown in Table 4. 実施例1-1と同様の条件にて殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Do the stop test under the same conditions as described in Example 1-1, it was evaluated stop effect. 評価結果を表4に示す。 The evaluation results are shown in Table 4.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000009

実施例5-1~5-3: Examples 5-1 to 5-3:
DPA水溶液に、C18トリメチルアンモニウムクロライド水溶液を混合した水溶液を用いた。 The DPA solution, using an aqueous solution of a mixture of C18 trimethyl ammonium chloride aqueous solution. 水溶液中のDPAの終濃度は10mM、C18トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は20mMであった。 The final concentration of DPA in the aqueous solution is 10 mM, Cl 8 final concentrations of trimethylammonium chloride was 20 mM. 手順(3)における加温温度を表5に示す温度とした。 Procedure The heating temperature in (3) was the temperature shown in Table 5. 実施例1-1と同様の条件にて殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Do the stop test under the same conditions as described in Example 1-1, it was evaluated stop effect. 評価結果を表5に示す。 The evaluation results are shown in Table 5.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000010

実施例6-1~6-4 Examples 6-1 to 6-4
DPA水溶液に、C18トリメチルアンモニウムクロライド水溶液を混合した水溶液を用いた。 The DPA solution, using an aqueous solution of a mixture of C18 trimethyl ammonium chloride aqueous solution. 水溶液中のDPAの終濃度は10mM、C18トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は1mMであった。 The final concentration of DPA in the aqueous solution is 10 mM, Cl 8 final concentrations of trimethylammonium chloride was 1 mM. 手順(1)および(2)における試験液のpH(24℃)を表6に示す値とした。 Procedure (1) and the pH of the test liquid in (2) (24 ° C.) was a value shown in Table 6. 実施例1-1と同様の条件にて殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Do the stop test under the same conditions as described in Example 1-1, it was evaluated stop effect. 評価結果を表6に示す。 The evaluation results are shown in Table 6. 実施例6-2はフタル酸と水酸化ナトリウムの緩衝系を、実施例6-3はホウ酸と水酸化ナトリウムの緩衝系を、実施例6-4は塩化カリウムと水酸化ナトリウムの緩衝系を用いた。 Example 6-2 buffer system of sodium hydroxide and phthalic acid, a buffer system of Example 6-3 boric acid sodium hydroxide, examples 6-4 and potassium chloride buffer system of sodium hydroxide Using.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000011

実施例7-1 Example 7-1
―手順― -procedure-
(1)工程1:芽胞液100 μLを、DPA水溶液900 μLと混合し、試験液(pH7.0)とした。 (1) Step 1: spore solution 100 μL, and mixed with DPA aqueous solution 900 μL, were tested liquid and (pH7.0). DPAの終濃度は10mMであった。 The final concentration of DPA was 10 mM.
(2)試験液を30分間24℃で静置した。 (2) the test was allowed to stand for 30 minutes at 24 ℃.
(3)下記方法で芽胞からDPA溶液を除去した。 (3) removing the DPA solution from spores by the following method. 工程1の試験液を遠心分離器(株式会社クボタ製テーブルトップマイクロ冷却遠心機3500、以下同じ)で15krpm5分間の条件で遠心分離操作を行い、上清を取り除いた。 Of test solution step 1 centrifuge subjected to centrifugal separation operation under the conditions of (Kubota Corporation made table top micro refrigerated centrifuge 3500, hereinafter the same) in 15krpm5 minutes, the supernatant was removed.
(4)工程2:上清を取り除いて、ただちに、C16トリメチルアンモニウムクロライド水溶液を終濃度10mMとなるように1mL加え、24℃で30分間静置した。 (4) Step 2: Remove the supernatant, immediately, the C16 trimethyl ammonium chloride aqueous solution was added 1mL to a final concentration of 10mM, it was allowed to stand for 30 minutes at 24 ℃.
(5)工程3:上記(4)の後、試験液を80℃で30分間加温処理した。 (5) Step 3: After the above (4), the test solution was warmed for 30 minutes at 80 ° C. for.
(6)(5)の試験液を滅菌水で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (6) (5) of the test solution was serially diluted with sterile water, each of the dilutions were 100μL smeared on LB agar medium (manufactured by BD, Inc.), 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(7)(6)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (7) After (6) culture, in the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

実施例7-2 Example 7-2
―手順― -procedure-
(1)工程2:芽胞液100 μLを、C16トリメチルアンモニウムクロライド水溶液900 μLと混合し、試験液(pH7.0)とした。 (1) Step 2: The spore solution 100 μL, and mixed with C16 trimethyl ammonium chloride aqueous solution 900 μL, were tested liquid and (pH7.0). C16トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は10mMであった。 C16 final concentration of trimethyl ammonium chloride was 10mM.
(2)試験液を30分間24℃で静置した。 (2) the test was allowed to stand for 30 minutes at 24 ℃.
(3)下記方法で、芽胞からC16トリメチルアンモニウムクロライド溶液を除去した。 (3) by the following method to remove C16 trimethyl ammonium chloride solution from spores. (2)の試験液を遠心分離器で15krpm5分間の条件で遠心分離操作を行い、上清を取り除いた。 The test solution of (2) subjected to centrifugal separation operation under conditions of 15krpm5 minutes by a centrifugal separator, and the supernatant was removed.
(4)工程1:上清を取り除いて、ただちに、DPA水溶液を終濃度10mMとなるように1mL加え、24℃で30分間静置した。 (4) Step 1: Remove the supernatant, immediately, 1mL plus DPA aqueous solution to a final concentration of 10mM, was allowed to stand for 30 minutes at 24 ℃.
(5)上記(4)の後、試験液を80℃で30分間加温処理した。 (5) After the above-mentioned (4), the test solution was heated for 30 minutes at 80 ℃ a.
(6)(5)の試験液を滅菌水で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (6) (5) of the test solution was serially diluted with sterile water, each of the dilutions were 100μL smeared on LB agar medium (manufactured by BD, Inc.), 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(7)(6)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (7) After (6) culture, in the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

実施例7-3 Example 7-3
―手順― -procedure-
(1)工程1および工程2:芽胞液100 μLを、DPAとC16トリメチルアンモニウムクロライドの水溶液900 μLとを混合し、試験液(pH7.0)とした。 (1) Step 1 and Step 2: The spore solution 100 μL, mixed with the DPA and C16 trimethyl ammonium chloride aqueous solution of the ride 900 μL, were tested liquid and (pH7.0). DPAとC16トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は10mMであった。 DPA and C16 final concentration of trimethyl ammonium chloride was 10mM.
(2)(1)の後、ただちに、試験液を80℃で30分間加温処理した。 After (2) (1), immediately, the test solution for 30 minutes heating treatment at 80 ℃ for.
(3)(2)の試験液を滅菌水で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (3) (2) of the test solution was serially diluted with sterile water, each of the dilutions were 100μL smeared on LB agar medium (manufactured by BD, Inc.), 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(4)(3)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (4) (3) After the culture, at the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

比較例7-1 Comparative Example 7-1
―手順― -procedure-
(1)芽胞液100 μLをDPA溶液900 μLと混合し、試験液(pH7.0)とした。 (1) The spore solution 0.89 .mu.L was mixed with DPA solution 900 .mu.L, was tested liquid with (pH 7.0). DPAの終濃度は10mMであった。 The final concentration of DPA was 10 mM.
(2)(1)の後、ただちに、試験液を80℃で30分間加温処理した。 After (2) (1), immediately, the test solution for 30 minutes heating treatment at 80 ℃ for.
(3)下記方法で、芽胞からDPA溶液を除去した。 (3) by the following method, it was removed DPA solution from spores.
(2)の試験液を遠心分離器で15krpm5分間の条件で遠心分離操作を行い、上清を取り除いた。 The test solution of (2) subjected to centrifugal separation operation under conditions of 15krpm5 minutes by a centrifugal separator, and the supernatant was removed.
(4)上清を取り除いて、ただちに、C16トリメチルアンモニウムクロライド水溶液を終濃度10mMとなるように1mL加え、24℃で30分間静置した。 (4) Remove the supernatant immediately, 1 mL added C16 trimethyl ammonium chloride aqueous solution to a final concentration of 10 mM, and allowed to stand for 30 minutes at 24 ° C..
(5)(4)の試験液を滅菌水で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (5) (4) test solution of serially diluted with sterile water, each of the dilutions were 100μL smeared on LB agar medium (manufactured by BD, Inc.), 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(6)(5)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (6) (5) After the culture, at the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

比較例7-2 Comparative Example 7-2
―手順― -procedure-
(1)工程3:芽胞液100 μLを、80℃で30分間加温処理した。 (1) Step 3: The spore solution 100 μL, was heated for 30 minutes at 80 ℃.
(2)工程2:(1)の後、室温まで冷却後、ただちに、C16トリメチルアンモニウムクロライド水溶液900 μLと混合し、30分静置し、試験液(pH7.0)とした。 (2) Step 2: After (1), after cooling to room temperature, immediately mixed with C16 trimethyl ammonium chloride aqueous solution 900 .mu.L, allowed to stand for 30 minutes, and test liquid and (pH 7.0). C16トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は10mMであった。 C16 final concentration of trimethyl ammonium chloride was 10mM.
(3)(2)の試験液を滅菌水で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (3) (2) of the test solution was serially diluted with sterile water, each of the dilutions were 100μL smeared on LB agar medium (manufactured by BD, Inc.), 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(4)(3)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (4) (3) After the culture, at the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000012

実施例8-1: Example 8-1:
実施例3-1と同様に殺芽試験を行った。 In the same manner as in Example 3-1 was subjected to quit the test.

比較例8-1: Comparative Example 8-1:
DPA水溶液ではなく、同濃度のイソフタル酸水溶液を用いた。 Instead of DPA solution was used isophthalic acid aqueous solution of the same concentration. それ以外は実施例8-1と同様に行った。 Otherwise it was carried out in the same manner as in Example 8-1.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000013

実施例9-1 Example 9-1
(1)工程1および工程2:芽胞液100 μLを、DPA水溶液800μLと、C16トリメチルアンモニウムクロライドの水溶液100μLと、各々混合し、試験液(pH7.0)とした。 (1) Step 1 and Step 2: the spore solution 0.89 .mu.L, was a DPA solution 800 uL, an aqueous solution 100μL of C16 trimethyl ammonium chloride, each mixed, test solution and (pH 7.0). DPAとC16トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は10mMであった。 DPA and C16 final concentration of trimethyl ammonium chloride was 10mM.
(2)工程3:上記(1)の後、すぐに試験液をそのまま80℃で30分間加温処理した。 (2) Step 3: After the above (1), was immediately test solution for 30 minutes warming process as it is 80 ℃ to. 加温工程には、Major Science社のアルミブロック恒温槽MD-01N-110を用いた。 The warming process, using the Major Science's aluminum block thermostatic chamber MD-01N-110.
(3)上記(2)で熱処理した試験液をLP水溶液(LP希釈液(ダイゴ、日本製薬(株)製))で段階希釈し、それぞれの希釈液をLB寒天培地(BD社製)に100μL塗抹し、37℃、16時間培養した。 (3) above (2) LP aqueous solution heat-treated test solution in (LP diluent (Daigo, Nihon Pharmaceutical Co., Ltd.)) were serially diluted in, 100μL each of dilutions in LB agar medium (manufactured by BD Co., Ltd.) smeared, 37 ℃, were cultured for 16 hours.
(4)(3)の培養後、生えてきたコロニー数にて、生存菌数X(CFU/mL)を求めた。 (4) (3) After the culture, at the number has been growing colony, it was determined the survival cell count X (CFU / mL).

比較例9-1 Comparative Example 9-1
実施例9-1と同様に操作を行ったが、工程3の加温はせず、室温で30分静置した。 It was conducted in the same manner as in Example 9-1, but without the heating of step 3 was allowed to stand for 30 minutes at room temperature.

比較例9-2 Comparative Example 9-2
実施例9-1の(1)工程1および工程2のDPA及びカチオン界面活性剤水溶液に代えて、芽胞液を精製水と接触させた。 In place of (1) DPA and cationic surfactant solution of step 1 and step 2 of Example 9-1, contacting the spore solution and purified water. 工程3の加温は実施例9-1と同様に実施した。 Heating of step 3 was carried out in the same manner as in Example 9-1.

実施例9-1、比較例9-1~9-2の結果を表9に示す。 Example 9-1, Table 9 shows the results of Comparative Examples 9-1 to 9-2.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000014

実施例10-1~10-2 Examples 10-1 to 10-2
DPA水溶液に、C16トリメチルアンモニウムクロライド水溶液を混合した水溶液を用いた。 The DPA solution, using an aqueous solution of a mixture of C16 trimethyl ammonium chloride aqueous solution. DPAの終濃度は表10に示す濃度であり、C16トリメチルアンモニウムクロライドの終濃度は10mMであった。 The final concentration of DPA is the concentration shown in Table 10, the final concentration of C16 trimethyl ammonium chloride was 10 mM. 実施例1-1と同様の条件にて殺芽試験を行い、殺芽効果を評価した。 Do the stop test under the same conditions as described in Example 1-1, it was evaluated stop effect. 評価結果を表10に示す。 The evaluation results are shown in Table 10.

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000015

本発明の殺芽方法は、例えば、リネン洗浄、食品腐敗防止、環境浄化などの幅広い用途に使用することができる。 Stop the method of the present invention, for example, it can be used linen washed, preventing food spoilage, in a wide range of applications, such as environmental clean.

Patent Citations
Cited PatentFiling datePublication dateApplicantTitle
US6656919 *11 Jan 20022 Dec 2003Clarence L. BaughMethod and a product for the rapid decontamination and sterilization of bacterial endospores
US20030175318 *6 Mar 200218 Sep 2003Schilling Amanda S.Application of germination solution improved efficacy of biological decontamination
US20040058878 *16 Jan 200325 Mar 2004Walker Edward B.Antimicrobial and sporicidal composition
US20120148751 *8 Dec 201114 Jun 2012Ecolab Usa Inc.Wear resistant antimicrobial compositions and methods of use
Classifications
International ClassificationA01P3/00, A01N43/40, A61L2/18, A01N33/12, A61L2/23
Cooperative ClassificationA61L2/23, A61L2/18, A01N43/40, A01N33/12
Legal Events
DateCodeEventDescription
15 Mar 2017121Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
Ref document number: 15899643
Country of ref document: EP
Kind code of ref document: A1
9 Aug 2017ENPEntry into the national phase in:
Ref document number: 2017530540
Country of ref document: JP
Kind code of ref document: A